【箱根駅伝】駒澤大学元エースに聞いた「2016年箱根駅伝」見どころと裏側

写真拡大

お正月の風物詩「箱根駅伝」、特に見るつもりはなくても、ついつい見てしまう人も多いのではないのでしょうか。
どうせ見るなら、もっと面白く。
2016年箱根駅伝の王道の見どころと裏の見どころを、駒澤大学在学時代に完全優勝・区間新記録も出したことがある2001年世界陸上エドモントン大会マラソン日本代表の西田隆維さんに聞いてみました。

ラソン世界一ビジネスマンに聞いた、「走る」と「いい仕事ができる」3つの意外な共通点

優勝候補は青学大・駒大・東洋大

2016年優勝候補校は青山学院大学・駒澤大学・東洋大学の3つに絞られるかな。
この3校ならどこが優勝してもおかしくないね。

駒大・東洋大は1区から3区のでき。青学は神野選手の仕上がり具合がポイント。
それぞれの大学が持つ「強さと弱さ」が箱根駅伝という舞台でどう出るかが優勝の鍵。

例えば青山学院大学は神野選手の全日本大学駅伝以降の仕上がり具合がポイント。
2015年箱根駅伝の走りができれば、青山学院大学は有利だし、全日本大学駅伝(青学大は2位)のような走りだと不安材料にもなりかねない。

東洋大学に関しては、エースではない選手たちが育ってきていることが期待を持たせてくれる。
そして、全日本大学駅伝(東洋大は優勝)の勝ち方がとても良かったことが、箱根駅伝に向けていい流れになっている。

駒沢大学にはスーパーエースはいないけど、準エースが粒ぞろい。
そして新たに駒大OBにして元マラソン日本最高記録保持者でもある藤田敦さんがコーチとして加入し、今年の駒大がどう強くなったかということにも期待。
力は拮抗しているので、流れをどうつかむかが各大学とも重要。

基本的には箱根駅伝は1区・2区・3区で流れをつかむのが鉄則。
ただ、今は5区で大逆転があるということを、どの大学も警戒しているので、5区に切り札のない大学は1区から4区までのあいだに、どれだけ差をつけられるかということを考える。
でも、切り札を持っている大学も1区から4区が速いので差をつけられず、後手後手に回ってしまうパターンが多い。
じゃあ、神野選手がいる青山学院大学が有利かというと、全日本の走りを見る限りそうでもなく、現状ではわからない。

往路優勝校がそのまま総合優勝になることが多いので、往路の出来はとても重要。
そして、6区・7区でさらに流れを加速させることができるかどうかが総合優勝につながる。

東海大・山梨学院大・早大にも期待

他に東海大学・山梨学院大学・早稲田大学にも注目。
優勝候補校3校のでき次第では、充分チャンスがある戦力。
さらに帝京大学・中央学院大学も楽しみな存在。

今年の初出場の東京国際大学は選手が箱根駅伝独特の雰囲気にのまれなければおもしろい。
監督・コーチ陣が箱根駅伝を知り尽くしていても、選手にそれをどう伝えるか、伝わるか、選手自身が経験しないと分からないこともあるので、そういったことを踏まえて本戦で力を発揮できるように準備しているのではないかな。

箱根駅伝直前の過ごし方

自分が走るかどうか、自分がどの区間を走るのかは、事前にほぼ決まっているね。
この時期、一番嫌なのは体調を崩すこと。体調管理に気をつけていても、例えば電車に乗っていて、咳をしている人が周りにいるとそれがストレスになって、余計に疲れて、神経をすり減らして風邪を引きやすくなってしまうこともある。
だから寮に引きこもっている選手もいるけど、それもストレスになってしまうことも。
一方で、大学の選手層によっても違うけど、本番で走れるかどうか微妙なラインの選手が練習で好調をアピールしようとして、練習に体調を合わせてしまって本番で失敗してしまう、なんてこともある。選手はギリギリまで本選に出場するための調整を強いられている。

オーダー変更の真意

当日、オーダー変更があるけど、それは緊急の場合と、作戦の場合がある。
当日、明らかに体調不良であれば当然メンバー変更するし、プレッシャーに耐えられなくなって辞退する選手も過去にはいた。
箱根駅伝は1チーム10名の20チーム200人が走るので、200人の中に何人かは体調がおかしくなるし、中にはおかしいまま走ってしまう選手もいる。
作戦の場合のオーダー変更は、他の大学にチームの作戦を読まれないようにするため。
例えば先行逃げ切りのオーダーでいくのか、後半にも安定した選手をいれていくのかとか。
監督の采配もギリギリまで悩んでいることが多い。客観的に見たら、このオーダーしかないでしょという場合であっても、常に選手を見すぎているせいで、この区間で向かい風が強かったらどうしよう…、あの大学のあの選手がこの区間を走ったら…と考えすぎてしまうことも。

ブレーキは箱根駅伝特有のもの

箱根駅伝のドラマとして「ブレーキ」があるけど、あれは箱根駅伝の雰囲気にのまれてしまっている選手に多い。今までは体験したことないような応援の中、いつも通りの力を出せない。
いつもなら、水分補給もちゃんとするのに、集中が応援の声にいってしまって脱水症状になってしまうことも。それは大学生という経験値がまだ低いからというわけではなく、箱根駅伝っていう独特の雰囲気によるもの。
大ブレーキだけが取り上げられるけど、小ブレーキなんていっぱいあるしね。

選手はカメラを意識している?

走っている選手は何を思って走っているかというと、「カメラに映りたい!」ということ。少なくとも僕はそう思って走っていた(笑)
特に先頭集団を走っている選手の動きに注目して欲しい。基本的には集団の内側にいた方が楽なので、その集団の外に出たり、前に出たりする選手はカメラに映りたいって思っての行動の可能性も。
追い抜かれたときの反応と対応も注目して欲しいポイント。追い付いてきた選手の力にもよるけど、並走できる選手は追い付かれることを想定して、追い付かれてから並走しようと少し休んではしていることも。20?という長い距離なので、どこかで気楽に走っている部分もないと最後まで走り切れない。
選手の表情にも注目。カメラを意識して、ちょっときつそうな顔をしておこうかなと考えている選手もいるのでは。

中継地点でタスキを渡したあと、倒れる選手が多いのも箱根駅伝の特徴。あれは、ほぼほぼ演技。
普段の練習、普段のレースであそこまで倒れるってほとんどいない。
ゴール後、立ち止まりたい、座り込みたいって気持ちにはなるけど、倒れこむのはカメラを意識していることが多いかな。(※西田隆維さん視点なので個人差は大きくあると思われます)

意外と知らない裏側もある!

大舞台で、できるだけ良いコンディションで走りたいという想いは選手もサポートする側も一緒。
でもそれが思いがけないハプニングに繋がったりもする。過去こんな事件があった。
意外と知られていないが、ほとんどの選手がアップシューズとレースシューズを使い分けている。
そして箱根駅伝を走る選手にはそれぞれ付き添いの選手がいて、選手のウェアを預かったり、
身の回りのことをサポートしている。
箱根駅伝って寒いことが多いから、付き添いの選手が気を利かせて選手のレースシューズをストーブの前に置いて温めておこうと。
ところが、ストーブの近くに置きすぎて、レースシューズの一部が溶けた。
レースシューズが溶けた選手は、急遽溶けた部分をテープで補強して何食わぬ顔で走っていたなんてこともあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
西田さんや他の箱根駅伝経験者方々との話の中で
「箱根駅伝直前になると、マネージャー(主務)が寝言で「72!!」とラップタイムを叫んだりしていた」(※箱根駅伝選手の目安となるペース設定が1?3分、400m72秒であるため)と言った驚きのエピソードもあった。
きっと出場する大学の選手や関係者にとってはレースが終わるまでは気の休まるどころではないのだろう。
それだけ各大学が毎年しのぎを削りながらの真剣勝負だからこそ我々も夢中になってしまう。


お正月に感動を与える箱根駅伝。
裏側も含めた視点で観戦すると、より楽しめるかも。

■西田隆維(にしだ たかゆき)プロフィール
栃木県出身 1977年生まれ
駒澤大学→S&B食品→JALグランドサービス
【主な競技歴】
箱根駅伝4年連続出場。
4年生で出場した2000年開催の第76回箱根駅伝9区区間新(当時)の走りで初の駒沢大学完全優勝に貢献
ユニバーシアード(学生オリンピック)ハーフマラソン銀メダル
2001年第50回別府大分毎日マラソン優勝(2:08'45" 大会日本人最高/当時)
2001年カナダ エドモントン世界陸上マラソン日本代表9位(団体銀メダル)