羽生結弦

写真拡大

27日放送の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)で、フィギュアスケート選手の羽生結弦が、宮根誠司氏からの要求に丁寧な対応をみせる場面があった。

番組で宮根氏は、同日まで開催された、「全日本フィギュアスケート選手権」を終えたばかりの選手たちに、中継で試合後の心境などを聞いていた。

その際、女子シングルで4位に入賞した本郷理華に「本郷選手は、ものすごい腕が長くて羽生選手より長いって聞いたけどホンマ?」と質問した。「知らないです」と苦笑しながら答える本郷だったが、宮根氏は「ちょっと軽く比べてもらっていいですか?」と羽生選手と腕の長さを実際に比べて欲しいと頼んだ。

この要求に羽生選手は「どうやって比べるんですか、これ?」と少し困惑しながらも、席を離れて本郷の後ろに立ち「こうやればいいですか?」と腕の長さを比べられるように対応をしてみせたのだ。

その結果、目測では本郷のほうが長く、羽生は「あ、長いっすね、長いっすね。さすが、さすが」と確認をしてから、そそくさと席に戻っていった。

その様子を見た宮根氏は「長いですね。やっぱりそれだけダイナミックに見えるんですね」と感想を語り、別の選手に質問を移したのだった。

【関連記事】
宮根誠司氏が羽生結弦へのインタビュー中に無茶振り「神対応で仕切って」
おおたわ史絵氏が「羽生結弦を嫌い」と言うと非国民的になる空気感を指摘
古舘伊知郎氏が羽生結弦のライバルである中国人選手・金博洋を韓国人と誤認か