"3強"はどう戦うか(1)

 前回、総合タイム10時間49分27秒という驚異的な記録で、2位の駒澤大学に10分50秒という大差をつけて圧勝した青山学院大学。その時のメンバーが8名残っている上、エントリーした16名中、1万m28分台の選手が11名もいるという圧倒的な層の厚さ。優勝候補の筆頭と呼べるだけの存在感を誇る。

 だが、危機もあった。前回は新コースとなった5区で、旧コース(距離は同じ)の柏原竜二(東洋大学)の区間記録を24秒上回る1時間16分15秒で走って独走の起点となったエース・神野大地(4年)が故障。復帰して臨んだ11月の全日本大学駅伝では最終第8区を走り、トップ東洋大との33秒差を逆転することが期待されながら区間8位と失速して優勝を逃したのだ。神野はさらにその後も左脛を痛めて練習ができない期間が続き、本人も「厳しいかな」と思う時期があったという。

「神野は11月は半分くらい休んで、12月上旬から練習に復帰しています。全日本も約2カ月間の急ピッチで仕上げ、練習では起承転結をキチッとしてスタートラインに立たせたので、走ると思っていました。反省する部分は、いい練習ができており1週間前はよかったけれど、直前の調整期間に一気に疲れが出たことだと思います」

 こう語る原晋監督は、「3冠を狙ってはいたが、全日本で負けたのはよかった」と続けた。

「全日本の時はポワンとした雰囲気もあったと思うんです。たぶんアンカーの神野がやってくれるだろう、というムードがチーム内にあった。そこで負けたことで、選手たちに『他大学も一生懸命やっているのだから、そう簡単に勝たせてはくれない。現状に甘んじることなく常にチャレンジしていないといけない』という意識に変わったと思います」

 そして練習ができない間も、毎日夜9時過ぎには寮のロビーで黙々とコアトレーニングとストレッチからなる"青トレ"を行ない、他の選手たちに努力する姿を見せ続けていたという神野は、「平地には自信はないが、山なら自信がある。1時間20分を目標にする」と言うまでに回復。5区起用のめどが立った。

「山は特殊だから、スタート地点につきさえすれば、神野は1時間20分前後で走って区間賞争いに加われると思います。5000m14分の記録の選手でも、5区を1時間16分で走るのは簡単なことではない。一方5000m16分の選手でも、適性があってある程度作り上げることができれば、1時間20分で走らせることができる。それが5区の特殊性で、走力より適性が必要なんです。その点で神野は適性が抜群。100%の状態で練習を積んで走ったら、それこそ化け物のような記録を出すと思います」(原監督)

 さらに原監督が連覇への自信を持つのは、5区が他大学とトントンで大きなアドバンテージを得られなくても、平地区間でしっかり勝負できるという思いがあるからだ。神野が1年間継続した練習をできていないことで、チームとしての意識に変化があった。

「前回は神野に持っていかれたけど、みんな『そうじゃないんだ』という気持ちでやっていたと思うし、神野頼みではなく、自分たちも頑張ろうという意識があるので、そこは大丈夫だと思います」(原監督)

 前回1区で区間2位の久保田和真(4年)も、「もともとみんな、あいつに全部持っていかれるのはシャクだと思っているので(笑)。実際に神野は強いけど、そこまでトップでいけば、あいつだけが目立つことはないから、『絶対にやってやろう』と一色(恭志・3年)とも話しているんです。彼が走ることはチームにとってプラスになるけど、今は本調子じゃない。自分たちがそんな走りをすることが、彼の助けにもなると思います」と言う。

 原監督は「往路でトップに立てばほぼ勝てると思います。仮に負けていても1分以内なら、復路には他大学なら往路に使うような選手も揃っているから対応できる」と、自信のほどを語る。

 ただ往路に関していえば、東洋大は1区と2区に、全日本と同様、服部弾馬、勇馬の兄弟を使ってくる可能性が高い。駒大もスタートから中谷圭佑、工藤有生、大塚祥平といった主力を使ってくるはずだ。青学大がそこで大きなアドバンテージを得るのはかなり難しくなるだろう。

「往路は競り合いに強い選手を使っていくことになる」と言う原監督がポイントと見る1区は、順当なら前回走った久保田ということになる。久保田自身も「出雲や全日本の流れだと3区の方が走りやすいが、自分としては1区の方が思い入れも強いので......。相手との兼ね合いもあるが、大差をつけて走った佐藤悠基さん(東海大学)や大迫傑さん(早稲田大学)のような走りができれば、チームとしてもいい流れを作れると思う」と、意気込んでいる。

 2区には前回区間3位の一色がいる。原監督は「服部勇馬くんも強いけど、一色もいいですよ。1時間6分台の厳しい戦いになると思うけど、私としては最低でも出岐雄大の記録(1時間7分26秒)は破ってもらいたいと考えています」と期待する。

 さらに3区には前回4区で区間新を出した田村和希(2年)を使い、4区は全日本5区区間賞の下田裕太(2年)と並べて神野につなぐ可能性が高い。

 もし往路が競り合いになっても、6区には前回区間2位の59分11秒で走った村井駿(3年)が控えている。さらに「うちは7区と8区には自信を持っている」と原監督。7区にはこれまで3年連続で同区間を走り、前回は設楽悠太(東洋大)が持つ区間記録に8秒まで迫った小椋裕介(4年)がおり、枚数の足らない他大学が手薄になる8区にも28分台の選手を起用できる強みがある。

 豊富な戦力を持つ青学大にとって、唯一不安材料があるとすれば、故障上がりの神野が、果たして期待通りに走れるかということに尽きるだろう。もしそこに不安があると見るなら、3区までにトップに立って5区の神野に余裕を持たせるために、1区に出雲で1区を試した小椋を入れ、久保田を3区に回して確実に首位を奪う作戦もあり得る。重要区間と考える7区には、田村か下田を回すこともできる。

 復路が終盤まで競り合いになれば、駒大や東洋大もしぶとさを発揮してくるはず。そうさせないためにも、7区、8区で大量リードを奪うことが青学大の必勝法だろう。いずれにしても勝負のカギは、5区神野が握っている。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi