写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クリプトン・フューチャー・メディアは、ツインボーカルを再現する歌声合成ソフトウェア「鏡音リン・レン V4X」を発売した。価格は1万7,280円。

同製品では、前バージョンのイメージをそのままに、はっきりした滑舌と力強さ、声の明瞭度を向上。声のかわいらしさも丁寧にチューニングしたバーチャルシンガーとなっている。柔らかい声や、息が多い声など多彩な表現を生む6つの音声ライブラリーを搭載しており、さらに声の多様性も拡張された。

また、細やかな声(母音)の表情付けや、発音の切り替え、吐息の抜き方の設定が可能な「E.V.E.C.」(イーベック)機能、クロスシンセシス機能、うなるような強烈な歌いまわしを表現するグロウル機能なども装備する。

歌声ライブラリのほか、VOCALOID4に対応したボーカルエディター「Piapro Studio」、500種類以上の楽器を収録した音楽制作ソフト「Studio One」も付属する。なお、「鏡音リン・レン V4X」と追加英語音声ライブラリーを同梱した「鏡音リン・レン V4X バンドル」(税抜21,600円)も同時発売予定。同社WEBサイトにてデモソングの試聴が行える。対応OSは、Windows 7(32/64bit)/Windows 8(32/64bit)/Windows 10(32/64bit)、OS X 10.8/10.9/10.10/10.11。

(内山秀樹)