【マラソン】コースもおもてなしグルメも充実!「金沢マラソン2015 」実走レポ

写真拡大

2015年11月15日(日)。石川県金沢市で、第一回大会となる「金沢マラソン2015」が開催されました。北陸新幹線の開通により、注目の集まる金沢。大会の模様をご紹介しましょう。

「東京マラソン」を最高のコンディションで楽しむために大切なこと3つ

駅直結の受付&EXPO

金沢駅へ降り立つと、そこには大勢のランナーが。受付会場は駅から続くエスカレーターですぐ、地下にありました。 天候は雨だったので、濡れることなく移動できたのは幸い。何より、レース前に余計な体力を使いません。宿泊先も駅付近に多かったので、利便性の高さを感じたランナーは多かったのではないでしょうか。

受付前はちょっとした渋滞。せっかくゼッケンナンバー毎に受付窓口が分かれているのに、なぜか2〜3列で並びました。これは、スペースの問題でしょうか。

ゼッケンを受け取ったら、今度はTシャツの引換所へ。その途中、EXPOを通過することになります。受付を終えてからEXPOを通る・・・という流れは、他の都市型レースと同じですね。

ただしEXPOはとても小規模。ランニング用品の販売も少なく、「忘れ物があっても買えばいい」という考えは危険かもしれません。私もサンバイザーを買いたかったのですが、残念ながら見当たりませんでした。

雨の中でスタート待ち

レース当日。外はあいにくの雨模様でした。スタート会場は金沢駅から少し離れた、「しいのき迎賓館」です。会場は広く、ブロック毎に入り口が違っていました。

荷物はゼッケンに記載された番号のトラックへ。「忘れ物はないですか?」と丁寧に聞いてくれます。雨のためか、トラック前でギリギリまで待つというランナーも多かったようです。

スタート地点に向かおうとすると、ランナー達がまるでおしくらまんじゅう状態。雨を凌ごうと、揃って雨宿りしていました。そこまで強い雨では無いのですが、身体を冷やしたくないのかもしれません。

ブロック毎に分かれたスタートゲートに入ったら、あとはスタートを待つのみ。荷物預かり終了、ブロックゲート閉鎖のアナウンスは、5〜10分前から何度か流れます。

スタートセレモニーが始まると、いきなり雨が強まる事態が。ランナーの多くは、直前まで雨合羽を着用していました。ゲストランナーの紹介が終わると、いよいよレーススタートです。

緩やかなアップダウンの続くコース

コースは、全体的に大きなアップダウンがありません。その代わり、緩やかなアップダウンが何度も続き、ジワジワとランナーを苦しめました。あまり道幅が広くないので、最初のうちは周囲に合わせてゆったり進むことになります。

コース上にはトンネルや高架下がたくさん。雨を避けられる分、濡れた身体が冷えやすいポイントです。周囲に響く足音は、記録狙いのランナーにプレッシャーを与えたかもしれません。

景色は残念ながら、雨に阻まれてしまいました。ただ、遠くに薄っすらと立山連峰が!晴れたらクッキリと素晴らしい景色が見えるでしょう。

短いですが、折り返しコースもあります。路面が濡れているので、折り返す際にはスリップ注意。中には仲間とハイタッチしたり、声を掛け合ったりするランナーも。そして折り返し地点の周辺は、人の集まる“応援ポイント”となっていたようです。

この金沢マラソンは、とにかく応援が凄い!ほぼコース上すべて、沿道からの応援が聞こえてきました。ハイタッチも多く、その度に元気がもらえます。

太鼓や演舞を披露してくれる、地元の方々も。その土地の文化に触れられることは、こうしたマラソン大会の楽しみです。

エイドもなかなかの充実ぶり。5km前後毎に設けられており、ドリンクは水とスポーツドリンクの他に、コーラもありました。笑顔のボランティアスタッフたちが、「頑張ってください!」と声を掛けながら用意してくれます。

そして、食べ物も充実!お腹が空いたタイミングで、おにぎりは嬉しいですね。その他にも「和菓子」や「ふかし芋」「バナナ」「マスカット」なども用意。そして・・・

金沢といえばカレー!約31km地点で振る舞われた温かくスパイシーなカレーは、走って疲れた身体に刺激的でした。どうしても立ち止まらなければ食べられませんが、その価値ありの美味しさです。

ゴール地点は「石川県西部緑地公園陸上競技場」。数km手前から、少しずつ応援の数が増え始めます。コースがやや狭くなるのですが、だからこそ応援の方々を身近に感じられました。

ラストは陸上競技場のトラック!これはテンションが上がります。外からでも、ゴール地点の盛り上がる声が聞こえてきました。競技場のスタンドからは、

「おかえりなさい!」 「ラストファイト!」 「お疲れさま!」

などの声援が、ずっと投げかけられていました。いくら疲れていても、これなら力が湧いてきますね。大勢の応援に見守られる中、各ランナーそれぞれのレースを終え、ゴールゲートをくぐりました。

ゴール後のおもてなし

ゴール後はフィニッシャータオル、そして完走メダルを掛けてもらいます。スタッフが、嬉しそうな顔でハイタッチしてくれたのが印象的でした。スポーツドリンクとバナナ、そして味噌をもらい荷物受け取り所へ。すると・・・

なんと大渋滞!これは記録証の発行です。パソコンの台数分ずつ誘導されるので、どうしても列ができてしまうようでした。

荷物受け取り所は、とっても広々。更衣室も大きなスペースが設けられ、不自由はありません。会場全体がコンパクトなので、走り終えてからダラダラ歩かされるというもなく、短時間で着替えまで終えられました。

荷物預り所を出ると、振る舞われていたのが温かい味噌汁。これが、とっても美味しい!疲れた身体に抜群です。疲れた身体に染み入ります。つい立ち食いしてしまいました。

ゴール会場付近では、飲食店などが出店してイベントを開催。大勢のランナーがお腹を満たしています。カレーにラーメン、コーヒー、ビールなどなど・・・応援に訪れた家族・友人も、これなら退屈しなくて良さそうです。

帰りは金沢駅までシャトルバスが運行(200円)。バスの台数が多く、待たされずに移動できます。時間が経つにつれて、雨もあがり始めた様子。大会が終わる頃には、すでに青空が見えるほどの回復となりました。

大会運営は全体的に素晴らしく、多くのランナーが楽しめたのではないでしょうか。受付からコース、そして完走後に至るまで、特にその導線はしっかり整備されていたと思います。そして子どもから大人まで多くの方々が、天候の悪い中で声援を送ってくださりました。今回が初めての開催となりましたが、「また来年も走りたい」と感じたランナーが多かったようです。