ウェザーニューズ

写真拡大 (全2枚)

 2016年1月4日、3大流星群のひとつ「しぶんぎ座流星群」がピークを迎える。

 国立天文台によると、通常は1時間に20〜50個の流星が出現するとのこと。ウェザーニューズでは「流星みえるかなマップ」を公開。日本全国を「バッチリ見える」「チャンスあり」「難しそう」で色分けしている。北陸から北は観測が難しく。西日本や東日本の太平洋側はうっすらと雲が広がり、雲の隙間から探すことになりそうとのこと。