梅酒のおつまみに「里芋と海老のそぼろ煮」#うまそなレシピ見つけたよ

写真拡大 (全6枚)

ルーミーのレシピシリーズ
「#うまそなレシピ見つけたよ」

秋から冬にかけて旬を迎える里芋。

里芋は、芋類の中でカリウムや食物繊維を一番多く含んでいます。水分が多く、低カロリーなのでダイエットにもおすすめです。(参照:旬の食材百科)



今年の7月にルーミー編集部で漬けた梅酒が飲み頃を迎えました。

口に入れたとたん、フルーティーな香りがふわっと広がります。一口目に甘さは感じますが、後味はすっきりとした仕上がりです。この梅酒をもっと楽しむために…と梅酒に合うレシピを考えてみました。




今回ご紹介する「里芋と海老のそぼろ煮」は、梅酒のロック、ソーダ割り、お湯割り、どんな飲み方でも合うシンプルでおいしい一品です。

是非お試しくださいね。

『里芋と海老のそぼろ煮』


【材料】4人分


・里芋(8個)
・鶏ももひき肉(70g)
・むき海老(100g)
・酢水(酢:小さじ1+水500奸
・水(400cc)
・しょうがのしぼり汁(小さじ1)
・酒(大さじ1)


・薄口しょうゆ(大さじ2・小さじ1)
・みりん(大さじ1)

水溶き片栗粉
・片栗粉(大さじ1)
・水(大さじ1)

【作り方】


1.里芋は洗い、皮をむいて一口大に切り、ボウルに酢水を入れてつけておく
※里芋のぬめりがとれます

2.里芋の面取りをして、お鍋に里芋がひたる水(分量外)を入れ下茹でする
※面取りをすると煮崩れしにくくなり、美しい仕上がりとなります
※下茹でをすると味が染み込みやすくなります



3.お鍋に水、しょうがのしぼり汁、酒を入れ、鶏ひき肉を加えて中火にかけ、アクをとり沸騰したら弱火にする

4.(2)の里芋のお湯をきり(3)のお鍋にAとともに加え落し蓋をし、一煮立ちしたらむき海老、薄口しょうゆ(小さじ1)を加える



5.(4)のお鍋の火を止め水溶き片栗粉を加え再び加熱し、とろみがついたら火を止め器に盛る

もっとレシピを見たい方はこちら!