紅花オイルといえば料理油。健康を気にしてサラダ油から紅花オイルに切り替えている人もいるでしょう。紅花オイルには、冷え症や更年期の症状改善など女性には嬉しい成分が含まれています。有効な成分や効能について詳しくご紹介します。

薬膳にも使われる紅花

紅花は6世紀頃に中央アジアから渡来して以降、日本では古くから口紅や布の染料として利用されています。「源氏物語」に登場する「末摘花」は「紅花」の異名で、赤い鼻の常陸宮の娘の名になっていますね。中国でも血流をよくして美肌を作るとして薬膳ではおなじみの食材です。紅花の花が黄色から紅色に変色する頃に摘んで薬用に使います。種子からは紅花オイルが抽出されますし、葉も食用にされます。

紅花の成分とは?

紅花オイルには抗酸化作用があるビタミンE、リノール酸、オレイン酸、食物繊維、フラボノイドが豊富。しかし紅花オイルにはリノール酸が多く含まれるタイプとオレイン酸が多く含まれるタイプの2種類があります。リノール酸もオレイン酸も悪玉コレステロールを除去して血流を促進することから、動脈硬化や高血圧を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞などの血液の病気にかかりにくくする作用があります。血流がよくなることから、血行不良で起こる冷え症や生理痛、更年期の症状改善にも効果的です。

リノール酸の摂り過ぎには注意が必要!

ただしリノール酸は摂り過ぎるとアレルギー症状を引き起こすことがありますので注意が必要です。一方オレイン酸は胃や腸のはたらきを活性化して、胃潰瘍や胃酸過多を予防し、腸内環境を整えて便秘・下痢を防ぎます。紅花オイルは改良されてオレイン酸が多い「ハイオレイックタイプ」が多く生産されるようになりました。このタイプにはビタミンEも含まれていて、血流をよくする効果が期待できますし、アンチエイジング効果も。冷え症の人は、血行がよくなるハイオレイックタイプがおススメです。

年末年始はオイルを買い替えたり、油料理をする機会も増えるはず。自分の使っているオイルをヘルシーなものに切り替えるチャンスですよ!


writer:松尾真佐代