ミゾイさんの呟きには、人生の真実が詰まっている

写真拡大

KADOKAWAは、書籍「何がいいかなんて終わってみないとわかりません。」を2015年12月24日に発売した。

ツイッターのフォロワー数5万8000人超と、インターネット上で老若男女から注目を集める81歳のミゾイキクコ。パソコン4台のほか11台のタブレットを使いこなす現代の"コンピュータおばあちゃん"から、多い時で1日60回も発信されるツイートは、人生に、仕事に、人間関係に、多くの示唆を与えてくれる金言の宝庫。

本書は、2010年1月から2015年12月までの約15万ツイートの中からテーマ別に選り抜き、多くの人に読んでもらう形にまとめられている(第一章 人の生き方、振る舞い方/第二章 昔と今〜戦時中から暮らしてきて思うこと/第三章 男と女、そして家族)。

定価(税込)は1080円。