中国と習近平主席の「悪循環」 2016年、何が起きてもおかしくない

ざっくり言うと

  • 2015年の中国経済と習近平政権の対応は、付け焼き刃的だったと指摘している
  • 生産過剰状態の製造業などに関しても、五里霧中の改革だったと筆者
  • 悪循環は止まらず、2016年には何が起こってもおかしくないと述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング