店舗で購入できるMVNOのお手軽さ

 

 

仮想移動体通信事業者をご存知でしょうか。「格安スマホ」や「格安SIM」をサービスしている通信事業者で、一般的にはMVNOと略した名称で呼ばれています。

 

MVNOは、大手通信キャリアの電波網を借り入れてサービスをおこなっているので、電波塔を設置する、メンテナンスをすると言った手間が発生せず、ケータイショップ等もないので、徹底的なコスト削減で低価格なスマートフォンの利用料金を実現しています。

 

しかし、大手通信キャリアと違って、ケータイショップも出店していないので、どこでMVNOを契約すればいいのかがわからない人も多いかと思います。

今回はMVNOを契約の仕方についてご紹介します。

 

格安スマホサービスに興味がある方はこちらの記事もご一緒に↓豊富なプランが魅力! DMMの格安スマホサービス

 

MVNOの購入方法

 

MVNOは基本的にインターネットから申し込んで、クレジットカードを使って契約をするのが一般的です。

MVNOによっては店舗販売などもおこなわれており、店舗販売で購入した場合に関しては、店頭ではSIMカードの販売のみで、契約自信は家に帰って、パソコンを通しておこなうMVNOも存在します。

 

しかし、最近では、インターネットやパソコンに詳しくない人もMVNOに興味を持ち、契約をしはじめたので、一部のMVNOに関しては店頭での契約にも対応し始めています。

 

主に一部のヨドバシカメラや一部のイオンでは、契約するカウンターなども設置されており、ケータイショップ同様にショップに行けば契約ができる状況が整ってきています。

 

MVNOで契約した場合のスマートフォン本体

 

多くの人が疑問に思うのは、MVNOで契約した場合、スマートフォン本体をどうするのかがあります。

MVNOの大半はSIMカードと回線のみを提供する会社が多く、その場合は、スマートフォン本体は自分で用意しないといけません。

MVNOの多くはドコモ系のSIMカードを使っているので、ドコモのスマートフォンであれば問題なく利用可能です。また、au系のMVNOであれば、auのスマートフォンが利用できます。

今まで使ってきたスマートフォンやSIMフリースマートフォン、中古スマートフォンを準備しましょう。

最近では、一部のMVNOでスマートフォンとセット販売している業者も現れており、自分でスマートフォンを用意できない人はスマートフォンを用意しているMVNOに注目してもいいでしょう。

 

格安スマホサービスに興味がある方はこちらの記事もご一緒に↓豊富なプランが魅力! DMMの格安スマホサービス