病原菌の有無で英色が変わる絆創膏(写真:UNIVERSITY OF BATCH)

写真拡大

 傷口を覆い、もし悪い病原菌に感染している場合は「色」が変化して判別可能となる革新的な絆創膏が開発された。このカメレオンの特性を連想させる理想の絆創膏を共同で編み出したのは、英国・バース大学とブリストル王立小児病院の研究者たちだ。

 病原菌に感染した傷口は治るのが遅れ、傷跡も残しやすく、敗血症という深刻な事態に繋がる場合もある。最悪、死に至る可能性もありうるが、難儀なのは感染の有無の判断だ。

 感染の診断は長ければ48時間も要するとされ、子供相手の場合などには予防目的の暫定処置として抗生物質を投与することも珍しくない。しかし問題は、そのタイミングだ。薬を投与することで細菌が耐性を持てば、むしろ事態を悪化させかねないリスクを負ってしまうからだ。

変色絆創膏と絆創膏状体温計が誕生!

 はたして感染しているのか否か、抗生物質を投与すべきか否か......。その判断を変色によって教えてくれるという一目瞭然な絆創膏。これは目に見えないほど微細にして局所での薬物の持続的放出が可能な「ナノカプセル」に蛍光色の緑色の染色剤を仕込んだものだとか。

 このカプセルの特性は、病原菌が分泌する毒素と接触した時のみ活性化(穴が開いて破裂)するという点。つまり、普段から皮膚に存在している無害なバクテリアでは破れず、有害な細菌を感知した場合だけ破れて蛍光色の緑色が顕在化するという次第だ。現時点の研究では3種類の病原菌に対して変色し、無害な細菌には無反応との結果が報告されている。

 この賢い絆創膏が実用化されれば、無駄な投与と悪化が阻まれ、変色の際は抗生物質で効果的な治療を即決できる。現在のプロトタイプから臨床試験が開始されるのは2018年の見込みというが、医療現場を経て医薬(部外)品として販売される日もそう遠くないのでは?

 救急絆創膏は1921年、米国ニュージャージー州のアール・E・ディクソン氏が考案した「バンドエイド」が源流とされるが、改良に改良を、競合に競合を重ね、凡そ100年を経ての「変色絆創膏」登場は身近な朗報だけになんだか喜ばしい気がしないでもない。

包帯のマトリクスがSF映画を超える日が......

 そういえば今秋は我が国の研究者たちも「フレキシブル体温計」を開発。これは、ぐにゃりと自在に曲がり、さながら"絆創膏のように貼って使える"という斬新な体温計である。東京大学大学院工学研究科のグループが3年以内の実用化を目指しているもので、約15μmの薄くしなやかなプラスチック製の温度計をフィルム基盤上に印刷プロセスで作るもの。測定感度も高く(=0.02℃)、応答速度も高速(=100ms)、現況でも2000回前後の測定に再現性を保持しており、さらなる性能の向上をめざしているそうだ。

 用途としては赤子の体温をモニタリングして体調の変化を迅速に察知。あるいは術後の患部に絆創膏状に貼って炎症の発熱を測定したりという使い方などが想定されている。さらに薄さや軽さやしなやかさ、生体組織の温度分布などがモニタリングできるという特性から新素材系スポーツ衣料やウエアラブル系の商品開発への応用も十分考えられるだろう。

 かように身近な医療品のスマート化が続く昨今だが、新春直前の決定打的な開発報が「衛生の未来を塗り替えるか!」と注目を集めているスマート傷包帯(smart wound dressing)の話題。MIT(マサチューセッツ工科大学)機械工学部の准教授が開発した最新ヒドロゲル(=大半が水で出来たゴム状素材)の強靭さを応用したもので、この超旧来型は金やチタンやアルミニウム、あるいはガラスやシリコンやセラミックスとも強固に結合できるという。

 しかも剛性ばかりか柔らかさとしなやかさを兼ね備えている特性から、肘や膝などの曲げ伸ばし部位でも動きに合わせて伸縮自在。ヒドロゲルに埋め込み可能な諸々の機器(半導体チップ、LED、電導ワイヤー、温度センサー......)の機能を損ねる危惧も解消できるとか。従来のヒドロゲルは脆弱性や伸縮・結合力の面でも不安視され、分解可能な生体適合物質としてのみ用いられてきたという。が、早くもこのスマート傷包帯の(ヒドロゲル)マトリックスが体の表面ばかりか体内活用される可能性を謳う科学誌の記事も載せられ、かの映画『ミクロの決死圏』を彷彿させる。2016年は「衛生の夜明け」元年となるのか!?
(文=編集部)