Doctors Me(ドクターズミー)- 「やばい!はげそう!?」髪の細毛化はどう防ぐ?

写真拡大

どんな髪型でも、それを形作る髪の毛がしっかりコシのある健康な毛でないとなかなか決まらないもの。
もちろん、整髪料なども機能が優秀なものが出ていますが、髪の毛自体が細くてコシのない、すぐぺしゃんこになるような髪の毛であれば完全にカバーすることは出来ません。
生まれつきの髪質もありますが、今回はこの細毛でお悩みの方に、細毛の原因と改善法について医師に解説していただきました。

食べる物で髪質は変えられる!?

まず、全ての身体のほかの部分と同様、髪の毛を作るのは口から食べる食事です。
髪の毛を強くするためには、しっかり栄養バランスのとれた食事をとることが非常に大切です。具体的には
・たんぱく質
・カルシウム
・ミネラル
・ビタミン類
など、髪本体を作るためにも、髪の毛の土台となる頭皮をべたつかせたり、逆に乾燥しすぎたりさせないためにも、大切な栄養素を意識して食事からとり入れるようにしましょう。
ファストフードや、インスタント食品ばかりの食事は肌や体調によくないばかりでなく、髪の健康のためにも大きなダメージとなるものです。

髪のためには規則正しい生活も大切!

そして、一日に正常でも50〜80本も抜けるといわれる髪のターンオーバーを順調に進め、そのあとも健康な髪が生えて来るように新陳代謝をうまく働かせるために、極端な夜更かしや朝寝坊を避け、よい生活リズムを保つこともとても大切なことです。
特に、30代を過ぎると、何もしなくてもだんだん体の各部の衰えは進んでくるもの。髪や頭皮も例外ではありません。

【医師からのアドバイス】

ある程度年をとっても、自分の好きなヘアスタイルでおしゃれが楽しめるように、今のうちから髪の健康に気を配っていきましょう。
すでに中年期以降の方も、あきらめることはありません。生活習慣を少し変えてあげることで、今までより髪の状態がよくなる可能性も十分ありますよ。

(監修:Doctors Me医師)