澤穂希、現役ラストマッチで豪快なヘディング弾…貴重な先制点をマーク

写真拡大

 今季限りでの現役引退を表明しているINAC神戸レオネッサの澤穂希が、27日に行われた第37回皇后杯 全日本女子サッカー選手権大会決勝のアルビレックス新潟レディース戦で現役ラストマッチに華を添えるゴールを決めた。

 先発出場した澤は0−0のまま迎えた78分、川澄奈穂美が蹴った右CKに頭で合わせ、豪快なヘディングシュートをゴール右隅に決めた。

 試合は80分を経過し、神戸が1−0でリードしている。