「男が折れたらいい」笑福亭鶴瓶が二階堂ふみに語った夫婦観
 『POPEYE』で連載中の、二階堂ふみさんがさまざまな著名人、文化人にインタビューを行う「二階堂ふみのインタビュアー道。」が書籍化されている。その名も『アダルト 上 二階堂ふみがきいた大人の話』(マガジンハウス/刊)だ。
 二階堂さんが19歳から20歳にかけて出会った魅力的な大人たち。それぞれの人生経験に裏打ちされたアドバイスや本音が、二階堂さんの質問によって紡ぎ出されていく。

 落語家の笑福亭鶴瓶さんに対するインタビューのテーマは「結婚について」。親子どころか孫と子ほどの年齢差がある二階堂さんに対して、鶴瓶さんは柔らかい口調で、奥さんとどのようにして出会ったか、結婚とは何かについて答えている。

 奥さんと大学生のときに知り合ったという鶴瓶さん。当時、落語家を目指していたが、「彼女が大学卒業するまでに食えるようにしてあげたかった」ことから、19歳の時にサラリーマンになることを告げた。しかし、彼女の答えは「それなら(鶴瓶さんとは)付き合わない」。自分がいるから違う道を進まれるのはつらいと言われたのだ。そして、大学2年生のときに大学を中退した鶴瓶さんは、本格的に落語家の道へ。結婚をするのは、彼女が大学卒業をしてからのことになる。

 そんな鶴瓶さんは、奥さんと一度も喧嘩をしたことがないといい、その理由をこう語る。
 「向こうが傷ついてる時ってあるやんか。その時はこっちが優しくなる。こっちが傷ついてる時は向こうが優しくなる。今は責めたらあかんという時は責めたらあかんのよ。それを責めるからパーになってしまうわけ」
 喧嘩をするとお互いに気分が悪くなる、そう真っ当な指摘をする鶴瓶さんは「喧嘩するほど仲がいい」という言葉も「そんなの嘘やん」とバッサリ切り捨てる。そして、「絶対に男が折れたらいい」と言うのだ。
 結婚は、一番近い信頼を置ける他人とお互いを確かめ合うことだと言い、「結婚はしたほうがええよ」とアドバイスする鶴瓶さん。二階堂さんの素直な気持ちに対して、しっかりと向き合って答える姿はまさに「紳士」である。

 他にも、水原希子さんには「仕事について」、椎名林檎さんには「音楽について」、ピエール瀧さんには「二十歳について」など、さまざまなインタビューが掲載されており、それぞれでインタビュイーの等身大の姿が映し出されている。読み応えのある一冊だ。
(新刊JP編集部)