ハイチュウがミルクチョコの中に

写真拡大

森永製菓は2015年12月8日、「チョコ玉ハイチュウ」を発売した。

人気のソフトキャンディ「ハイチュウ」をミルクチョコで包んだ商品。ハイチュウとチョコレートが組み合わさった味はちょっと想像がつかないが、意外と好評のようだ。一方で、その食感には被害報告!?も。

歯が折れそう!?アゴが外れる!?!?

味はストロベリー、グリーンアップル、バナナの3種類で、食べごたえある大粒サイズ。1個43円(参考小売価格、税込)というお手頃価格も魅力だ。

ツイッターでは、

「ムッチャ意外やけど、チョコ玉ハイチュウ美味しいぞ!」
「チョコ玉ハイチュウ意外といける!なんかポテチにチョコと同じ感じ(笑)」
「チョコとハイチュウがなんのシナジーも生み出してなくて癖になる」
「チョコとハイチュウが見事に交わらない!...でも個人的には『アリ』です」

など、ミルクチョコとハイチュウの不思議な組み合わせにハマってしまったという声が多くみられる。

特に人気なのはバナナで、「めっちゃチョコバナナ感」「作られたバナナ!って味とグミとハイチュウの間みたいな絶妙な噛み心地がいい」と、高評価が続出している。

一方で、食感には悪い意味でヤラれてしまった人もいる模様。

「チョコ玉ハイチュウ噛もうとしたら思ったよりも固くて、反対側の顎の筋が痛くなった」
「すごいおいしいけど歯が折れそう」
「うっかり冷凍庫入れちゃったら顎外れるね」

なかなかの固さらしく、食べる際には覚悟が必要そうだ。ちょっと柔らかくなってからが食べごろなのかも!?