火炎瓶で民家放火 顔にやけどを負った不審な男を確保

ざっくり言うと

  • 東大阪市の民家で27日未明、玄関が燃えて焼け跡から火炎瓶が見つかった事件
  • 現場周辺で、やけどを負った不審な男の身柄が確保されていたことが分かった
  • 男は病院で治療を受けており、警察は回復を待って事情を聴く方針だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング