株式会社デサントが展開するマンシングウェアが、26日(土)に東京・新宿の小田急百貨店ハルクスポーツにて契約プロの斉藤愛璃のトークショーを開催。会場には多くのファンが集まり、プレゼント抽選会や撮影会なども行われ大盛況となった。
ドレス姿も!斉藤愛璃の写真を大量アップ!女子プロ写真館
 「自分が想像していたより多くの人に来て頂いて凄く嬉しかったです」と、ファンとの交流を楽しんだ斉藤。そんな彼女が今ハマっているのが、女子力を上げようと思って始めた料理。しかも、得意なのがタイ料理の『ガパオ』だというから本格的だ。
 この本物志向は彼女のウエア選びにも相通じるものがある。「マンシングウェアはデザインが可愛いだけでなく、機能面がとても優れているんです。例えば、冬物などは薄めの生地でも暖かくて、厚着をしなくて済むからクラブが凄く振りやすい」とデザインだけでなくマンシングウェアの機能性にも全幅の信頼をおいている。
 さらに、「私は、寒さ対策ではマンシングの耳あてなども活用しています。意外とスイングの邪魔にもなりませんからオススメですよ」とこの時期の防寒グッズのPRも忘れなかった。
 今季は12月に行われた最終予選会を3位で通過して、来季はほぼすべてのトーナメントに出場できる見込み。目標については「2016年は、まずは最終戦『LPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップ』に出場できるポジションを目指して頑張りたいです。そのためにもトレーニングで体幹を鍛えて、常に軸がブレない安定したショットが続けられるようにしたいですね」と語った。
 年明けの1月後半から、グアムで体幹メインの身体作りと、ショートゲームのレベルアップを目指したトレーニング合宿を行う予定だという斉藤。2012年の鮮烈な開幕戦優勝以来、厳しい戦いが続いてきたが来季は上位でその姿を見ることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイング解説】最強賞金女王イ・ボミ 強さの秘密はインパクトゾーンの精度の高さ
【スイング解説】藤田光里 細身でも260ヤードの秘密は“両カカトが浮くほどの蹴り上げ”
丸山茂樹、リオ代表候補・渡邉彩香に「もっと上にいける」