弁護士法人橋下綜合法律事務所公式サイト弁護士紹介ページより

写真拡大

 橋下徹・前大阪市長の退任から1週間あまり。橋下氏は退任の18日中に自分が写ったポスターやホームページ画像の消去を維新議員らに指示するなど、テレビタレント復帰へ向けて政治色の払拭に躍起だ。退任前の13日には橋下綜合法律事務所の名前で「これからは私人。社会的評価を低下させる表現には厳しく法的対処をする」と恫喝的なツイートをして批判や論評を抑え込もうとしている。

 しかし、退任後もおおさか維新の会の法律顧問を務め、退任翌日にはさっそく安倍晋三首相、菅義偉官房長官の官邸ツートップと長時間の会談で改憲を協議したという橋下氏が、自身の主張する通り、「私人」と言えるのかどうか。ツイッター上では「私人になった平松邦夫・前市長の自宅前での街頭演説で『平松さーん、あなたは全く市長の仕事をしなかった』と言い放つなど散々罵倒してきたくせに、自分への批判は許さないというつもりか」といった声が上がっている。

 その点はとりあえず措くとしても、8年間にわたって大阪府知事・市長を務め、公人中の公人であった期間の発言や政策の可否、大阪に与えた影響が検証され、必要とあらば批判にさらされるのは当然のはずである。だが、退任前後の在阪のマスメディアの報道を見ても、そういう姿勢はほとんど見られない。橋下の在任中、完全に手玉に取られ、報道をコントロールされてきたトラウマがあるのか、せいぜい「検証」を装った突っ込みの浅い回顧記事を載せる程度だった。

 退任会見の翌日には「橋下劇場 ひとまず幕」(朝日新聞)、「橋下節 最後まで」(読売、産経新聞)といった見出しが並んだ。そこには「橋下劇場」を用意し、「橋下節」を煽って垂れ流し続けたのは自分たちではなかったか、という自省が微塵も見られない。まるで緊張感のない"お別れ会見"の模様を、『誰が「橋下徹」をつくったか─大阪都構想とメディアの迷走』(140B)の著者であるライターの松本創氏が発売中の「週刊金曜日」(金曜日)に書いている。

●突き放しては持ち上げる"ツンデレ"に転がされる番記者たち

〈「ちょっと二、三、メディアに文句を言いたいところもあるので、言わせてもらいます。まず中労委命令の受け入れに関して、報道内容について不満があります」
12月18日、大阪市政記者クラブで退任会見に臨んだ橋下氏の第一声は、もはや恒例となったメディア批判だった〉

 不当労働行為を指摘された市職員労組への締め付け、文化行政予算の削減、さらには、大きな反発と混乱を招いた「慰安婦発言」への評価などをめぐり、橋下氏は冒頭10分あまりにわたってメディアに反論する形で持論を繰り広げた、という。

〈主に読売新聞の橋下府政・市政検証記事への反駁だが、話の流れで他紙の報道へも批判を広げ、言葉とは裏腹に、これまで繰り返してきた持論をまさに「正当化」する主張を一方的に展開。最後には「メディアの検証能力のなさ」と切って捨てた〉

 その一方で、「8年間で最も手強かった敵は?」との質問に、橋下氏は「それはもう府政記者クラブ、市政記者クラブ」と、記者の個人名を挙げながら即答し、「よく勉強していて、よい指摘を受けた」などと持ち上げてみせた。その模様を松本氏はこう評している。

〈冷たく突き放したかと思えば、時々おだて上げる橋下氏の"ツンデレ"に、集まった100人近い記者たちは見事に転がされ、有効な反論も批判も一切しない。というより、できない。橋下氏が大阪の政治行政を牛耳ったこの8年間で、「身内」同然の上下関係が作られ、定着してしまった〉

 あらためて会見の動画を確認すると、松本氏が書いている以上の馴れ合いぶりである。

「エネルギーが枯渇したようにはまったく見えないが」という産経新聞記者の質問に対しては、「枯渇してますよ。この記者クラブの追及にずっと遭わされたらエネルギー枯渇しますよ」と満面の笑みで記者たちを持ち上げ、さらに「全国(の記者クラブ)はなんで(大阪のように毎日の)ぶら下がりとか求めないんですかね。あれ、記者の能力もないんでしょ。質問ようせんのでしょ。たまに東京から政治部だとか名乗ってポッと来て、ロクでもない質問する記者いるじゃないですか。あんなの蹴散らしてやりますけどね」と、記者たちの自尊心をくすぐりつつ、「東京」や「政治部」のような権威には屈しない姿勢をアピールしてみせる。

 それを受けた産経記者が「まだまだメディアを蹴散らしたい、ということでしょうか」とお追従質問を重ねると、「いやいや、もういいです」とさらに笑顔になり、会見場は笑いに包まれる。「だけど府政記者クラブ、市政記者クラブ、優秀ですよ」とあらためて強調する橋下の口調は、まるで論功行賞に部下を褒め上げる上司のようである。

 さらに呆れるのは、松本氏が「橋下を追い回して発言を垂れ流す報道スタイルを作った」と著書で指摘した毎日放送の情報番組『ちちんぷいぷい』である。会見に来ていたアナウンサー出身の毎日放送記者はこんなことを言っている。

「都構想住民投票の(否決を受けた会見の)時に、『ちちんぷいぷい』との関係が一番変わったとおっしゃっていたのを、番組関係者が心配しておりまして......政治家引退後は番組との関係を修復していただけるんだろうか、と」

 たとえポーズでも、建前であっても、権力監視の責務を負う記者が発する言葉とはとても思えない。なんのためらいも臆面もなく、こんな"お願い"を口にできてしまうところが、橋下氏と彼におもねる在阪記者たちが作り上げてきた身内感覚の「空気」なのであろう。これに気を良くしたのか、橋下氏はいつもように「メディアの役割は権力チェック」と、もっともらしい説教を滔々と述べ始めた。

 こうして在阪メディアとべったり馴れ合う一方、自分に批判的な者に対しては、名前こそ出さないものの、徹底的に非難を浴びせている。一人は元読売新聞記者で、在阪局などでコメンテーターを務める大谷昭宏氏である。

 大谷氏は、16日付の中日新聞で、

「橋下さんの出現で、大阪は無駄な八年を過ごした。この間、どれだけの企業が出て行ったのか。結果的にリニアも名古屋まで。完全に大阪を一地方都市にしてしまった。大阪都構想は、府市の二重行政の一本化による行政システムの効率化。これによって、税収が大きく増えたり、産業構造が変わったり、商店街が活気づいたりするのとは、全く違う。大阪の地盤沈下は解決しない」

 と述べていた。以前から大谷氏を標的にしていた橋下氏はこれをとらえ、「あんたのコメンテーター期間の方が無駄だろって言うんですよ。こんな失礼な話はない」と反駁し、「そういうことを平気で言うコメンテーターを使い続けるメディアには腹が立つ」と、大谷氏を起用するテレビ局を牽制してみせた。

 さらに、その場にいたフリーのジャーナリストへも矛先を向ける。

「今日も取材に来てますけど、ある雑誌かなんかのジャーナリストが『橋下はテレビを重視して、紙メディアを重視してない』と言うんですけど、とんでもないですよ。有権者にメッセージを届けるわけですから、力のあるメディアに応じないと意味ないじゃないですか。そんなもん、フリーのジャーナリストかなんか知りませんけど、ちょこちょこっと書いた雑誌が、誰に読まれてるかわからないようなね、そんな記事しか書けないような人の取材に1時間も2時間も取られるぐらいだったら、五大紙なりなんなりにきちっと応じてきたつもりですけどね。
 記者だからといって、市長や知事に申し込めば必ず取材に応じてもらえるなんて、それはちょっとおごりすぎだと思いますけどね。そりゃやっぱり朝日新聞の取材に応じるのと、フリーのジャーナリストに応じるのとは全然違うわけですから」

 この発言は、橋下の就任以前から大阪府政・市政を取材し、大阪都構想に批判的だった吉富有治氏に向けられている。吉富氏は、読売新聞の橋下政治検証記事でこんなことを語っていた。

〈橋下さんは、自分の力の源泉である民意を味方につけるため、メディアを使った。特にテレビです。
 私はこれまで6回、雑誌の企画で橋下さんに取材を申し込み、すべて断られました。逆に、テレビの取材は2回申し込み、2回ともすんなり受けてもらった〉

〈情緒をそぎ落とす活字メディアと違い、テレビは話す内容以上に話し方や身ぶりといった「印象」が大きい。テレビの世界にいた人だから、その本質をよく知っているんだと思う〉

 橋下が活字メディアよりもテレビに頻繁に登場し、影響力を増大させてきた"テレビ政治家"であることは、先の松本氏の著書でも詳しく検証されており、多くの人が指摘するところ。吉富氏の論は自らの経験を踏まえ、あらためてそのことを示した、ごくまっとうな指摘だが、批判がとにかく気に食わないのか、橋下氏はこれを認めない。自分の影響下に入らない報道機関や記者を徹底的に攻撃し貶める、いつものやり方に出たわけだ。

 ここでも情けないのは、「手強かった」「力がある」などと持ち上げる橋下氏に篭絡され、批判精神を全く失った在阪メディアの記者たちである。「自分のメッセージを届けるのだから大メディアに応じるのは当然」という橋下氏の主張は一見もっともらしいが、実のところは、批判も批評も一切せず、自分の言い分を垂れ流すメディアでないと取材に応じない、ということである。橋下が「身内」であるテレビですら、意に沿わない報道や発言があると、さまざまな手段を使って黙らせようとしてきたのは周知の事実だ。

 それでも自社の番組や紙面に登場してもらうために批判を控え、すがりつく在阪メディアの堕落は目を覆うばかりである。

 繰り返すが、橋下はけっして私人になったわけではなく、これからも政治にコミットし続けるのだ。しかも、それは大阪だけではなく、日本の方向性を左右するような存在になるかもしれない。

 このまま何の検証もせず、彼を言いっぱなしにさせておいて、その先にいったい何が待っているのか。メディアはそのことをもっと自覚すべきだろう。
(大黒仙介)