いよいよ正月の箱根駅伝の本番直前。日本で最もマニアックな陸上長距離専門ウェブメディア「駅伝ニュース」の主宰者・公園橋博士が、スタート直前から1区までの見どころを、日本テレビ系列での放送予想時刻とともに紹介する。(※放送予想時刻はあくまで目安であり、前後する場合がある)

 * * *
【1月2日 5:50】「渡辺康幸は『駅伝界のザキヤマ』だ」

『箱根駅伝 絆の物語 スタート直前情報』が始まる。今回は「第1中継車」に乗るメイン解説が、瀬古利彦氏(DeNAランニングクラブ監督)から、前回箱根まで早大監督を務めた渡辺康幸氏(住友電工陸上部監督)に代わる。瀬古氏は往路の直前番組の解説、復路のスタジオ解説となる。

 瀬古氏の“ナイスボケ”は、毎年視聴者からの声なきツッコミを受けていたが、渡辺氏は現役時代の凜々しい走り姿のイメージとは違って先輩相手でも率直な物言いができる性格。私たちは「駅伝界のザキヤマ(お笑い芸人の山崎弘也)」と呼んでいるが、師匠・瀬古氏のボケに渡辺氏がどうツッコむか要チェックだ。

【1月2日 7:00すぎ】「エントリー最終発表を速報!」

 大手町・読売新聞本社前に往路エントリーの最終リストが貼り出される。前回はここで山梨学院大2区予定のエノック・オムワンバ(4年)の欠場が明らかになった。「駅伝ニュース」スタッフはリストの写真をツイッターに投稿すると、それぞれの持ち場に散り、スタートを待つ。

【1月2日 8:00】「東京・大手町スタート」

◆1区(21.3km)
・コースDATA/8km付近の八ツ山橋の上り、18km付近の新六郷橋の下り坂が仕掛けのポイント。
・区間記録/佐藤悠基 1時間1分6秒(東海大・2007年)

【1月2日 8:15】「『マニアさん』も駆けつける大事な『田町』」

「駅伝ニュース」のメンバーは当日、バラバラに動く。私はその日の直感で動くが、相棒の「マニアさん」はある程度観戦スポットを決めている。最初のポイントは1区5km地点の田町だ。マニアさんは荷物を軽量化し、5000mの自己ベスト14分29秒という選手並みの健脚を飛ばして毎年、きっちりスタート後の大手町から田町に辿り着く。

 マニアさんは毎年、この日に備えて心肺と筋肉に刺激を入れてから箱根に臨む。この5kmの通過タイムは1区がスローペースなのか、ハイペースなのかを見極める大事なポイントでもある。田町の通過が8時15分より遅いようだったら、「今年はスローだな」とテレビの前でつぶやき、箱根通を気取ってみよう。

【1月2日 8:55】「六郷橋のスパートは『潰滝』に注目!」

 寝過ごしてスタートを見逃しても、六郷橋までおそらく1区の勝敗は決していないはず。先頭集団にフラッシュイエローのランパンの男を探そう。中央学院大の「鉄人」こと潰滝大記(4年)は4年連続の1区が濃厚。「大学名をテレビに確実に映す」という使命を担う。潰滝は、強豪校を置き去りにできるか。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号