U-18フットサル日本代表候補は25日の午前中、大阪府・岸和田市総合体育館でトレーニングキャンプ最終日の練習を行った。

 それまでの2日間、フットサルの基本的な戦術やフットサルのスピードに慣れることに取り組んできたチームは、4人が一列に並ぶクワトロの動きを確認。その後、25分ランニングタイムの紅白戦を行った。紅白戦のチーム分けは以下の通り。

黄 GK山田正剛、FP米田圭孝、原嶋凌也、松野史靖、浅井拓、金須恭弥、山桐正護、宇田川雄翔

赤 GK阿部寛大、伊名野慎、FP津波岳斗、二井岡嵩登、脇山蓮、植松晃都、松原友博、宇田川幸輝

 試合開始早々に黄色ビブス(以下、黄)は、浅井が左サイドを突破してシュートを決める。その後も黄は松原がゴールを狙うなどチャンスをつくるが、GK阿部に防がれる。逆に赤ビブス(以下、赤)は、宇田川幸のパスから脇山がゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻した。

 しかし、同点ゴールから1分も経たないうちに黄は米田のキックインから宇田川雄がゴールを決め、再びリード。さらにPKを得ると山桐が決めてリードを2点差に広げた。前半終了間際には赤も右サイドから脇山が強烈なシュートを放つと、GK山田が弾いたボールをゴール前に詰めていた植松が押し込み、1点差に詰め寄って前半を折り返した。

 後半の立ち上がり、黄は金須が相手のプレッシングを高い技術で回避し、縦パスを入れる。そこから浅井がゴールを決めて4-2とリードを広げている。その後も黄は浅井がクロスバーをたたくシュートを放つなど、試合を優勢に進めた。試合終盤には相手のセットプレーからカウンターを仕掛け、浅井のラストパスを受けた金須がゴール。

 試合終盤には赤も多くのチャンスをつくったが、GK山田の好守に阻まれた。それでも残り1分でキックインから脇山がゴールを決めている。このまま試合は終了し、5-3で黄が勝利した。

 3日間のトレーニングキャンプを振り返り、小森隆弘監督は「最低限、やってみて、触れてほしい大きなテーマとしてのフットサルのリズム感とか、ベーシックな感覚の入り口に立てたのかなというのは、最後のゲームを見ても感じました。(活動期間が限られる中で)この入り口から自分たちで熟成していけるようにする。その足がかりをつくるというミッションは、今回の合宿で達成できたのかなと思います」と、成果を語った。

 今年発足し、2度のトレーニングキャンプを行ったU-18フットサル日本代表は、U-19日本代表として来年11月に活動を再開。トレーニングキャンプを行った後に、U-20AFCフットサルアジア選手権予選に臨む。

(取材・文 河合拓)