鳥取市さじアストロパークが発見した小惑星 名前が「ふるさと」に決定

ざっくり言うと

  • 鳥取市さじアストロパークが発見した小惑星の名前が「ふるさと」に決定した
  • 太陽から平均3億5000万キロの距離にあり、2001年5月に発見された
  • 3年7カ月の公転周期を今も巡り、2016年9月頃に観察好機を迎えるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング