病歴、職歴、離婚歴、資産などもマイナンバーから分かるの?

写真拡大 (全2枚)

 10月5日、ついにスタートしたマイナンバー制度。その後、全国各地でマイナンバー通知カードの配達が開始されるなど、国民の手に渡りはじめている。

 ただ、マイナンバー制度に関する具体的な内容への理解や認識については、まだまだ浸透していないのも事実だ。そこで本コラムでは、制度に詳しい専門家が素朴な疑問に対して回答。今回は、税理士・ファイナンシャルプランナーの大黒たかのり氏が解説する。

[質問]
・病歴、職歴、離婚歴、資産などもマイナンバーから分かるのですか?

[回答&解説]
 病歴、職歴、離婚歴、資産はマイナンバーの利用範囲外なので、マイナンバーからは分かりません。マイナンバーカードのICチップにも税・年金の情報や病歴などプライバシー性の高い情報は記録されませんので、マイナンバーカードからも分かりません。

■マイナンバーの利用範囲とは

 マイナンバーの利用範囲は限定されており、具体的には下記の通りです。

(1)社会保障
・年金の資格取得や確認、給付
・雇用保険の資格取得や確認、給付
・ハローワークの事務
・医療保険の保険料徴収
・児童手当、生活保護などの福祉分野の給付

(2)税
・確定申告
・源泉徴収票、支払調書などの税務当局に提出する書類

(3)災害対策
・被災者生活再建支援金の支給
・被災者台帳の作成

 マイナンバーで管理される情報は上記のほか、下記の通りです。利用目的以外で利用した場合は罰則が適用されます。

・氏名
・住所
・性別
・生年月日

 マイナンバーは一元管理されていません。各機関で管理していた従来の個人情報は引き続き、当該機関で管理し、特定の機関に共通のデータベースを構築することはないので、必要な情報を必要な時だけやりとりする「分散管理」の仕組みを採用しています。

 例えば、国税に関する情報は税務署に、児童手当や生活保護に関する情報は市役所に、年金に関する情報は年金事務所になど、これまでどおり情報は分散して管理されます。

 また、役所の間で情報をやり取りする際には、マイナンバーではなく、役所ごとに異なるコードを用いますので、どこかで漏えいがあっても他の役所との間では遮断されます。したがって、仮に一か所でマイナンバーが漏えいしたとしても、個人情報が芋づる式に抜き出せない仕組みとなっています。

 個人情報が洩れるのでは? 成りすましにより被害を受けるのでは? 国に一元管理されてしまうのでは? といった不安から制度とシステム面で安全対策が講じられています。

(1)制度面の安全対策
・マイナンバーの収集や保管を法律に定めがある場合を除き禁止しています。
・なりすまし防止のため、マイナンバーを収集する際には本人確認が義務付けられています。
・マイナンバーが適切に管理されているか特定個人情報保護委員会という第三者機関が監視監督しています。
・法律に違反した場合は罰則があります。

(2)システム面
・個人情報は従来通り、年金情報は年金事務所、税情報は税務署といった分散管理となっていますので、個人情報が芋づる式に抜き出せない仕組みとなっています。
・行政機関間での情報のやりとりは、マイナンバーを利用しません。
・システムにアクセス可能な者を制限管理し、通信する場合は暗号化します。
・マイナポータルで、自分の個人情報を「いつ」、「だれが」、「どのような目的」で利用したか、不正な照会や提供が行われていないか自分で確認することができます。

■マイナポータルの活用もチェックしておこう

 「マイナポータル」とは、行政機関が自分の情報を「いつ」、「どことやりとりしたのか」を確認できるほか、行政機関が保有する自分に関する情報や行政機関から自分に対しての必要なお知らせ情報をパソコンなどから確認できるサイトです。