パティスリー キハチの新年を祝うケーキ「ボナネ」(1944円)が今年も登場

写真拡大

パティスリー キハチでは、縁起の良い市松模様のニューイヤーケーキ「ボナネ」(約14cm、1944円)を発売する(一部店舗を除く)。新宿伊勢丹店のみ12月26日(土)から1月7日(木)まで、その他の取扱店舗は2016年1月1日(祝)から1月5日(火)までの期間限定販売となる。

【写真を見る】縁起のよいケーキの他、お年賀に喜ばれる焼き菓子も

■ 縁起のいい文様

フランス語で“あけましておめでとう”という意味の「ボナネ」は、2013年に初登場。アーモンド入りのプレーンとココアの生地にマロン風味のシロップをたっぷりとしみこませ、チョコレートクリームをサンドして、白と黒の市松模様に組み立てている。ほろ苦いキャラメルでコーティングした上には、熊本県産渋皮栗の甘露煮と金箔を飾った。市松模様は、江戸時代の人気歌舞伎役者、初代佐野川市松が衣装の柄に2色の正方形を交互に配した模様を使い、その演目が好評だったことにから、縁起がよい文様のひとつとなったとか。見た目も味も福を呼びそうな、新年を祝うのにぴったりのケーキに仕上がった。

■ 新年の挨拶に喜ばれる手土産

また、12月26日(土)から1月7日(木)は、お年賀に最適な焼き菓子も登場する。「キハチワッフルショコラサンド」(8枚入り1296円、16枚入り2592円)ザクザクとした食感で食べ応えのあるワッフルに、黒ゴマとフランボワーズをサンドしてチョコレートがけした。この時期だけ、お年賀用の掛け紙がついたパッケージも用意。その他、「スフレラスク」や「どらクリームサンド」なども、お年賀用に対応可能とのこと。新年の挨拶に喜ばれる手土産としておすすめしたい。【東京ウォーカー】