最大規模の回顧展「富岡鉄斎−近代への架け橋−展」を兵庫県立美術館で開催、画業を辿る約200点

写真拡大

生誕180年記念「富岡鉄斎−近代への架け橋−展」が兵庫県立美術館で開催される。期間は、2016年3月12日(土)から5月8日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

富岡鉄斎は、幕末の動乱期には勤皇学者として国事に奔走し、維新後は神官の公職を経て89歳で亡くなるまで、文人画家として多くの書画を世に送り出してきた人物。日本美術史上に大きな足跡を残す彼の作品は、日本全国を歩いて生み出した真景図や、文人の理想郷を描いた仙境図などの山水画、風俗画、花卉・鳥獣画など多岐にわたる。

本展は、生誕150年記念展以来、30年ぶりの大規模展観であり、近年の富岡鉄斎展の中でも最大規模の回顧展。第1章から第5章までの作品約200点を通して、画業を紹介するとともに、絵画制作に貫かれた世界観を探る。

中でも注目は、特別出品される重要文化財《阿倍仲麻呂明州望月図・円通大師呉門隠栖図》。さらに、清荒神清澄寺が各地の美術館、博物館へ寄贈した鉄斎の名作を集結させ、前後期併せて計12点の屏風絵が壮大なスケールで展示される。

また、展覧会の最後では、鉄斎に影響を受けた近代の画家、正宗得三郎や中川紀元による作品と富岡鉄斎をめぐる言説を紹介し、日本近代美術における位置を再考する。

【開催概要】
生誕180年記念「富岡鉄斎−近代への架け橋−展」
開催期間:2016年3月12日(土)〜5月8日(日)
前期:3月12日(土)〜4月10日(日)
後期:4月12日(火)〜5月8日(日)
※前期後期で作品がほぼすべて入れ替わる。
開催場所:兵庫県立美術館
住所:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
TEL:078-262-0901(代表)
開館時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで。
観覧料:一般 1,300(1,100)円、大学生900(700)円、高校生・65歳以上650(550)円、中学生以下無料
※()内は、前売料金及び20名以上の団体割引料金。
※前売券は一般、大学生のみ。2016年1月11日(月・祝)から3月11日(金)まで販売。
※前期ご観覧の半券(招待券除く)の提示により後期は団体割引料金で観覧可能。
※障害者とその介護者1名は各当日料金の半額。(65歳以上を除く)
※各種割引の適用は会期中美術館窓口のみ。要証明。