米が「イスラム国」の文書入手 捕虜の臓器摘出認める宗教見解示す

ざっくり言うと

  • 米軍がシリア東部で5月に実施した作戦で、「イスラム国」の文書を入手した
  • 文書では、捕虜からの臓器摘出は許されるとの宗教的見解を示しているという
  • ISが、臓器の摘出や売買に実際に関与したかどうかは明らかになっていない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング