美容のためにも健康のためにも食べたい納豆やキムチなどの発酵食品。炊きたてのアツアツご飯に乗せて食べると美味しいですよね。でも納豆やキムチといった発酵食品には熱で消えやすいという特徴があるのです。食べ方にちょっとした工夫を加えることで健康効果がはじめて感じられるかもしれませんよ。

毎日食べたい発酵食品のすごい効果

発酵食品といえば、納豆や味噌、キムチ、ヨーグルトなど。これらに含まれる微生物のもつ酵素は、美容にも健康にも良いことで知られています。納豆のもつナットウキナーゼは血液サラサラ効果が、ヨーグルトの持つ乳酸菌には善玉菌を活性化させて腸内環境を整える効果が、キムチの持つ植物性乳酸菌にもヨーグルトと同じパワーがあります。他にも免疫力の向上やコレステロール値の低下など、身体に良いことがたくさんですから、毎日積極的に食べたい食材であることに間違いはありません。

熱で死滅しちゃう栄養素がある

ヨーグルトの乳酸菌は、プロバイオフィクスなど一部のものは生きて腸に届きますが、基本的に乳酸菌は100度で30秒過熱すると死滅してしまいます。熱に強いとされる植物性乳酸菌でも、過熱するよりもそのままで食べたほうが腸まで菌が届くのです。
キムチもチャーハンやチゲにするよりもそのまま食べた方が乳酸菌を活かせます。納豆も納豆菌は熱に強いのですが、酵素であるナットウキナーゼは熱に弱いため70度程度の過熱で壊れてしまいます。血液サラサラ効果を求めるなら調理せずにそのままが食べるほうがベター。納豆もキムチもアツアツのごはんに添えるより、お皿を別にして食べたほうが効果を得られやすいのです。お味噌汁を作る際にも火を止めてから味噌を溶かすにはこのような理由があるからなんですね。

それでも別の機能が残っている

しかし乳酸菌は熱で死滅してしまっても、体内に入ると悪玉菌を排出してくれる働きは残ります。結果的に善玉菌が活躍しやすい環境になるのです。乳酸菌が豊富に含まれる発酵食品は良いことだらけ。菌の特性を知って、効果的に栄養を摂りましょう。


writer:しゃけごはん