屋内移動アシスト装置は、経済産業省・国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)のロボット介護機器開発・導入促進事業の一環として開発が行われている(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 安川電機は24日、ロボット介護機器「屋内移動アシスト装置」を開発したことを発表した。足腰が弱った高齢者がベッドやトイレの往復などを行う際に、立ち座りと歩行を支援するものとなっている。

 立ち座りの際にサポートテーブル部が垂直上昇することで、必要な力をアシストする仕組みとなっている。歩行器への乗り降りが困難な高齢者の方でも、自分の足で室内を移動することが可能となるため、介護者の負担も大きく軽減することが可能となる。

 屋内用となっており、病院や介護施設、在宅などでの使用を想定している。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI