写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●不動産仲介会社の手間を省く
2015年、フォトシンス、ライナフ、Qrioと国内3社から発売されたスマートロック。登場の背景には、低消費電力のBluetooth Low Energyという技術の普及と、先行販売していた米国の製品が日本で利用できないという事情があった。国産品の発売当初、その目新しさからイノベーター層の購入が目立ったが、2015年末現在、3社とも個人向けではなくビジネス向けに主眼を置いている。スマートロックはどの分野で利用されるのだろうか。

○物理的な鍵の制約がなくなったスマートロック

スマートロックの浸透余地を知るには、その特徴を掴む必要がある。最大の特徴は、何といってもスマートフォンで鍵の開閉ができること。鍵がアナログからデジタルになり、鍵の開け閉めにカバンやポケットを探る必要がなくなったが、注目すべきは鍵が"物理的な制約から解放されたこと"だ。

通常、合鍵はまず複製する必要があり、鍵を遠方の人に気軽に渡すことのは難しい。これが鍵をデジタルデータとしてメールやメッセンジャーアプリなどで他者と共有できることで、対面で受け渡す必要や距離の制約がなくなるのだ。

このメリットは、まず不動産仲介業で生きてくる。従来、不動産仲介会社は、入居希望者に物件を案内する際、不動産管理会社に出向いて、その物件の鍵を借り受ける必要があり、鍵の受け渡しが大きな手間となっていた。効率化を図り、物件近くにキーボックスを設置しても、セキュリティ面での懸念が拭えなかった。

この点を踏まえて、フォトシンスでは不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストと共同で実証実験を実施。「Akerun」を賃貸物件の鍵として設置し、専用アプリを通じて、不動産仲介会社と不動産管理会社の間での鍵の受け渡しをネットを介してやりとりする実験で、利用者からは想定どおりの利便性を感じてもらえたという。

●単なる鍵にあらずマーケティング利用も
○鍵に「権限」を設けられるスマートロック

ネットを介して鍵の受け渡しができるという点に付随して、もうひとつスマートロックの重要なメリットがある。それは鍵に「権限」を設定できることだ。

例えば「管理者」権限を持っていれば、いつでも鍵を利用できるうえに、合鍵の送付、入退室の履歴チェックなど、できることが多いのに対し、「ゲスト」権限の場合は設定された時間内に鍵の開閉のみできるといった具合である。

こうした特性は、ホテルでの利用も可能とする。ホテル側ではいつでも鍵の機能が使えて、合鍵を渡す対象の制限がなく、利用客の履歴が見られる。利用客には、利用範囲が限定された鍵を渡す。これにより、ホテル側と利用客が目的に沿った使い方が可能になる。

○入退室履歴がマーケティングにも活用可能

入退室の履歴を利用することで、見守りサービスにも応用可能だ。個人利用でも、子供が帰宅したかどうか、遠方にいる高齢の両親が外出してちゃんと戻ってきているかがわかる。現在、見守りサービスは大手携帯キャリアや警備会社が参入するなどホットな状況であるだけに、スマートロックもその一環として参入余地があるわけだ。

"入退室の履歴"も、ビジネス利用において重要なポイントになる。例えばコワーキングスペースの場合、「利用客は何人だったのか」「掃除などメンテナンスのスタッフの出入りはあったか?」という状況が把握できるだろう。

自身が不動産を持つというQrioの西條晋一代表はさらに一歩踏み込んだ見方をする。不動産仲介会社から自身の物件に関する内見実施の連絡を受けつつも、現状は「なぜ入居が決まらなかったのか、内見時間はどのくらいだったのか、そもそも何人来たのか、というマーケティング面での情報がもらえない」とし、「スマートロックを活用することで課題が解決する」(同氏)とスマートロックとマーケティングの接点について示唆する。

こうした情報は、ややデリケートな内容もはらむが、スマートロックがドアを開閉する単なる鍵ではない役割を担うことがわかるだろう。

○入り込む市場は多いが……

このほかにも、貸宿・空きスペース、店舗の防犯・勤怠管理などでの利用も想定されるという。不動産仲介、高齢者見守りサービス、ホテルのフロント業務なども含め、様々な業界に新たな利便性をもたらすスマートロック。だが、市場の拡大や普及という観点から見ると、そこに立ちはだかる障壁は、実はまだまだ多い。障壁はどこにあるのか。次回はスマートロック普及の鍵、将来像に迫っていく。

(丸子かおり)