お出かけ直前にスッキリ!冬にも要注意なワキのニオイの元を防ぐ方法

写真拡大

 女性にとって気になるのはワキのニオイ。特にキツイあのニオイの元は「アポクリン腺」にあることが知られています。

 アポクリン腺とは、人間の肌に備わる2つの汗腺「エクリン腺」と「アポクリン腺」のうち、独特のニオイが生じやすいほう。主にワキや性器周辺にある汗腺です。

 そんなアポクリン腺のニオイを抑えるためには、第一に動物性たんぱく質を控えることが挙げられます。摂るべきなのはアルカリ性食品で、例えば梅干しなどがそう。また、ビタミンCやポリフェノールなどの抗酸化食品も、腸内でニオイ物質の生成を抑えてくれるのに役立ちます。

 直接、ワキにレモン汁入りのミョウバン水を塗るのもおすすめです。ぜひ大切なお出かけ前には実践してみましょう。

 また、代謝アップも体臭予防にいいといわれています。運動をしたり、お風呂に入ったりして汗をかき、ニオイ成分をスッキリ放出しましょう。

 また、全身にあるエクリン腺もニオイを出すことがあるので要注意。汗をかいた直後は無臭ですが、ニオイが繁殖することも。

 汗をかいたらすぐに衣類を取り替えるのは、冬も必須のようですね。