写真/時永大吾

写真拡大

写真は「何」が写るのだろう?

【女子高校生、ギャル、少女…3名の写真家が「女の子」を撮る視点は何が違う?の画像・動画をすべて見る】

写真は「視点」が写る。
写真は「光」が写る。
写真は「コミュニケーション」が写る。
写真は「生きざま」が写る。
写真は「距離感」が写る。
── 青山裕企『僕の妹は、写真家になりたい。』(雷鳥社)p,30



機材も被写体も似ている、それなのに「何か」が違う……3名の写真家によるトークイベントから、その「何か」を見つけるヒントを得られました。

写真/飯田えりか(少女写真家)

写真/飯田えりか(少女写真家)



2015年12月19日、東京・京橋の72Gallery White Cubeにて、青山裕企さん、時永大吾さん、飯田えりかさんがトークイベントを行いました。本イベントは時永大吾さんの写真展『-G-』、飯田えりかさんの写真展『ユメノアオノ』の期間中に開催。ふたりは青山裕企さんのアシスタントを経て独立しており、師弟対談とも呼べるひと時となりました。

時永大吾 写真展『-G-』展示風景

時永大吾 写真展『-G-』展示風景



仕事では雑誌、書籍、ウェブ、ライブなど、さまざまなフィールドでシャッターを切る3名。一方で作品制作においては、「女の子」を被写体として撮り続けてきた共通点があります。

文:松本塩梅

3人はどのような「女の子」を撮ってきたのか?


青山裕企さん作品

写真/青山裕企


女子高校生を題材にした作品集で2013年には映画化もされた『スクールガール・コンプレックス』をはじめ、吉高由里子、指原莉乃、生駒里奈など女優、アイドルの写真集を手掛けてきた青山裕企さん。『ガールズフォトの撮り方』といった教則本でも構図の取り方や手法を積極的に伝え、自身が代表を務めるユカイハンズを含め、後身の育成にも意欲的です。

写真 / 時永大吾

写真/時永大吾



時永大吾さんは雑誌やWebでのポートレート撮影を中心に活動。今回の『-G-』が初の個展となりました。モチーフに選んだのは「かつては若者の象徴でもあった」と時永大吾さんが考えるギャルたち。存在や言葉も曖昧なまま、街に浮遊するかのような彼女たちに興味を抱き、今年の初めより撮影した作品を並べました。

写真/飯田えりか(少女写真家)1

写真/飯田えりか(少女写真家)



少女写真家”を掲げる飯田えりかさんは、アイドルのいずこねこ(現ミズタマリ)を追う一連の作品群をはじめ、講談社主催のアイドルオーディション「ミスiD2016」オフショットカメラマン、女優の武田玲奈を表紙に迎えた写真集『0410』が話題となったショートカット推進委員会の公認カメラマンとしても活動しています。

女子高校生、ギャル、少女……スタイルもスタンスも異なる女の子を前に、彼らのファインダーには何が写り、そして何を写してきたのでしょうか。

「被写体への負い目がなければ、人物を撮る必要があるのか?」


reth_SGC_248-50_047_MG_6069

写真/青山裕企


青山裕企さんは、3名の共通点を「撮りたい対象に負い目があること」と指摘します。青山裕企さん自身は著書でも触れているように、人見知りで思春期に話すことさえままならなかった女子高生たちへの負い目がありました。

同様に時永大吾さんはギャルへの、飯田えりかさんは少女への負い目があり、ギャル/少女という客観的・表面的なイメージではなく、あくまで「自分の心に居る、リアルでは捉えきれなかったギャル/少女」を撮ろうとしているのが「写真家としての視点」なのではないかと言います。

さらに青山裕企さんは「対象に負い目があるかどうかは、人物を撮る基本ではないかとも思っています。記憶を撮っているのか、記録を撮っているのかの違いでもあります」と言及。負い目がある対象への撮影は記憶をベースにしたものであり、その体験の個人差によって撮られる写真も変化するのでしょう。

写真/時永大吾

写真/時永大吾



ギャルを撮り続けた時永大吾さんは制作の原点について、中学生時代にいつも集団でいるギャルたちに「興味はあるけれど近づきがたい感じ」を抱いていたと振り返ります。

写真/時永大吾3

写真/時永大吾



やがて成人を迎え、地元の同窓会で当時は話せなかった彼女たちと会話をすると「各々が目指しているものがあり、仲間意識と強い志を持っている人たち」と思い始めたそう。その時に抱いた気持ちをベースに、2015年の東京にいるギャルたちの心理と信条を確かめたくなり、撮影に踏み出しました。

写真/飯田えりか(少女写真家)2

写真/飯田えりか(少女写真家)



飯田えりかさんは作品制作について、今回の個展『ユメノアオノ』を含め、「少女に宿る美しさと純潔、一定の期間にしか存在しないものを撮っていきたい」という共通のテーマがあると話します。

そこには高校3年間を通じた「女の子が女の子を好きになるという、憧れとそれ以上の劣等感」を抱えるほどの少女との出会いと日々がありました。その少女が持つ「きれいと思わないものは排除する美学」に飯田えりかさんは価値観を強く揺さぶられたと言います。

写真/飯田えりか(少女写真家)3

写真/飯田えりか(少女写真家)



年齢を重ね、その価値観とも向き合えるようになると、現在は「被写体が年齢に関係なく持っている少女性を抽出して撮る」という手法まで意識的に確立しながら作品制作を続けています。

それぞれが抱く負い目は違えども、その感情が作品に「視点」となって宿っているのです。「写真の定義はそれぞれだけれど、僕は基本的にフィクションで、真実を写そうとは思っていない。リアルな自分と過去の自分とが対峙する中での作品制作は、過去の自分をどうにかしたいと思ってもどうにもならない、絶対クリアできないゲームをやっているみたいなもの。だから、ずっと撮り続けることができる」と青山裕企さん。

機材は距離感を表現するためにある


写真は使用するレンズによって写る範囲や明るさなどが大きく変わります。現在のデジタルカメラには「プロにしか使えないカメラやレンズ」はなく、価格の差こそあれ、アマチュアでも同じ機材を使うことができます。それなのに、なぜ写真に違いを感じるのか。その答えのひとつには「距離感の表現」もありそうです。

写真/時永大吾4

写真/時永大吾



時永大吾さんの作品について、青山裕企さんは「ギャルの写真って普通ならもっと“パーティーピーポー”な雰囲気が出るのに、そこには寄れない、遠ざけていく感じがある。カメラだから寄ろうと思えば寄れるのに、そうしないのは(時永大吾さんがギャルに近寄りがたい気持ちを隠さず)自分に正直に撮っているからでしょうね」との所感を述べ、撮影者の内面を表現するには、機材を含めたテクニカルな部分が関係してくると言います。

時永大吾さんの展示作品での使用機材には、額装写真ではフィルムカメラのNikon FE、CONTAX T2を使用。特大パネルのポートレートはデジタルカメラのNikon D800で、レンズは焦点距離35mmを選びました。

写真/時永大吾5

写真/時永大吾



また、渋谷駅前の交差点、背景にSHIBUYA 109を携えたポートレートでは16-35mmレンズの16mmで撮影。Photoshopで歪みの調整をしていますが、レンズを変えた狙いは「人物を際立たせながら、後ろの背景も見せたかった。フィルムとデジタルは『記憶と記録』で使い分けているかもしれない」と前述の言葉を引きながら明かしました。

特に16mmで撮影したポートレートは、「2015年にいる渋谷のギャル」を、背景にAKB48の最新シングル告知や看板広告といった要素を含みながら撮影している点に着目してみると、デジタルの「記録」的な側面がより濃く出ている作品といえそうです。

写真/飯田えりか(少女写真家)4

写真/飯田えりか(少女写真家)



飯田えりかさんの展示作品はすべてフィルムカメラのNikon FEと、「雑貨店で売っているような」防水ケース入りのトイカメラを使用。トイカメラはケースのプラスチックがフィルターのような役割を果たすため、外さずに使ったのだとか。

写真/飯田えりか(少女写真家)5

写真/飯田えりか(少女写真家)



普段のポートレートではデジタルカメラで35mmレンズをよく使うといいますが、一般的に35mmといえば標準レンズ帯でも画角が広めに写るもの。飯田えりかさんは「女の子に対して遠慮している距離感みたいなのがあり、50mmだと感覚的に近いと感じることが多いんです。逆に80mmや105mmの望遠レンズを使うときは、気持ちの中で勝手に女の子にズームしていて実際の距離は近づけない、という感覚で使い分ける」とその違いを明かしました。

青山裕企さんは、人間がものを見る基準は肉眼であり、レンズでいえば視野=画角の広がらない単焦点レンズと喩えます。しかし、人間は集中したり、強く見たかったりするとき、意識的に注目する=ズームすることはあるため、この身体的動作をレンズで表現しているのだと言います。青山裕企さんは40mmか50mmの単焦点レンズを愛用しており、ふたりが使う35mmでは「広角すぎて、自分にとっては俯瞰で見るような、記録する意味合いが大きくなる」と考えているそう。

つまり、使うレンズによって、写真家は2つの距離感を表現しているといえるのでしょう。ひとつは体を近づければ細部が写せ、遠ざければ広く写せるという身体的な距離感。もうひとつはファインダー越しに自身の内面が投影された心理的な距離感です。

写真展でしか味わえない「意図の積み上げ」


写真を発表する場はWebによって爆発的に広がり、手軽になりました。その時代にあって、写真家が個展をやる意義はどこにあるのでしょうか?

写真/飯田えりか(少女写真家)6

写真/飯田えりか(少女写真家)



青山裕企さんは「使っているレンズ、プリントの色味、撮っている時の光といった『当たり前の組み合わせ』で作品はできており、その当たり前をどれほど意図できているかが完成度につながる」と話します。

そして、展示スペースのライティングや空間構成も合わさるからこそ、写真展の面白さは「意図の積み上げから逃れられないこと、そして以前の展示に責任を持つ意味での『変わり方』を表現する場所でもあること」と言い表します。写真集やウェブでの表現だけに収まらない写真鑑賞の楽しみに目覚めさせてくれるような言葉です。

時永大吾 写真展『-G-』展示風景2

時永大吾 写真展『-G-』展示風景



トークイベントでは、誰かの写真作品と向き合うとき、そして自らが写真を撮ろうとするときに、頭に浮かべると「撮る/観る」行為がシャープになりそうなセッションが終始交わされていました。

青山裕企さんは本人にとっても念願だったという乃木坂46・生駒里奈さんの10代最後の写真集制作を手がけた他、現在は「30代の女性や男の子を撮っている」と被写体の幅を広げています。

時永大吾さんはギャルを、飯田えりかさんも少女を撮り続ける中で、今回のトークイベント時点から作品が変化していく(あるいは全く変化しない)過程を観るのも、新たな楽しみといえそうです。