富士通、PCと携帯事業を2016年2月1日に分社化。経営責任の明確化&判断の迅速化が目的

写真拡大

富士通は2016年2月1日にもPC事業と携帯端末事業を分社化すると発表しました。分社化の目的については『経営判断の迅速化と徹底した効率化を追求するため』としています。

富士通は、ノートPC・デスクトップ事業を「富士通クライアントコンピューティング」(資本金4億円)に、スマートフォンなどの携帯端末事業を「富士通コネクテッドテクノロジーズ」(資本金4億円)にそれぞれ分社化します。

分社化する事業の経営成績は、2015年3月期実績では、ノートPC・デスクトップ事業が売上高3033億円、携帯端末事業が1571億円となっていました。

富士通はプレスリリースの中で、PCやスマートフォン市場では年々商品の差別化が難しくなっており、グローバルベンダーとの競争が激化していると説明。PCおよび携帯事業を分社化し、研究・開発・設計・製造・販売・企画からアフターサービスまで一貫した体制を構築することで、経営責任の明確化、および経営判断の迅速化と徹底した効率化を追求したいとしています。

会社分割は2016年2月1日に実施する予定です。