数々のドラマを生み出してきた箱根駅伝。そのなかでも第82回大会(2006年)は波乱の大会として多くのファンに記憶されている。5区・今井正人(現・トヨタ自動車九州)で大量リードを奪った順天堂大は、7区終了時で後続に3分近い大差をつけていた。しかし、8区・難波祐樹が脱水症状による急ブレーキ。その間に駒澤大・堺晃一(現・富士通)がトップを奪った。

 これで駒澤大の5連覇かと思われたが、9区で失速する。そのとき後続から急接近してきたのが亜細亜大だった。1分12秒遅れでスタートした山下拓郎(現・拓殖大コーチ)が大逆転を演じて、雑草軍団が見事"ジャイアントキリング"を成し遂げたのだ。

 当時の亜細亜大は高校時代の実績がない選手がほとんどで、1万m上位10人の平均タイムは出場校中の9位(29分28秒61)だった。当年度は出雲が8位、全日本は7位。箱根で優勝すると誰が予想できただろうか。それでも選手たちは「前半は焦らずに入って、15kmからペースアップする」という岡田正裕監督の指示を徹底した"堅実駅伝"でサプライズを巻き起こした。

 亜細亜大に歓喜をもたらした名将は、女子実業団チームの監督を経て、2010年春に拓殖大の監督に就任する。そして、低迷していたチームを1年で立て直すと、初年度の箱根駅伝で最高順位タイの7位に導いた。拓殖大に移って今年で6年目。すでに古希を迎えた岡田監督だが、箱根への情熱は少しも衰えていない。2016年の正月決戦に向けて、「戦力的には私が来てから最高だと思いますよ。一番がんばるところでがんばれる選手が育ってきましたから」と笑顔で話してくれた。

 ユニフォームの色は変わったものの、岡田監督が指導するチームの"カラー"は変わらない。亜細亜大時代と同じように、距離からのアプローチで箱根駅伝を目指している。

「練習はウソをつかない。亜細亜大のときには、『あんな練習で強くなるのか?』と言われたこともありました。監督さんの指導に違いがあって当然だと思っています。私もレベルの高い選手がチームにたくさんいれば、よりレベルの高い練習をさせたいですよ。でも、入学してくる選手の走力が高くありません。だから、少しずつ力を蓄えていき、4年生のときには他校の選手と勝負できるように育てているんです。3〜4年生で『戦力』になれるチームづくり。それを実現させるためには、『走り込み』しかありません」

 拓殖大は、現在4年生の「大学入学時5000m上位5人の平均タイム」は関東の有力大学で22位(14分56秒21)というレベルだった。そこから選手たちを徹底強化。それでも5000mと1万mの上位10名の平均タイムは箱根駅伝出場校のなかで最下位に近いが、岡田監督は自信を持っている。

 なぜなら、チームは「地獄の阿蘇合宿」でイメージ通りの練習を積むことができたからだ。20日間の阿蘇合宿だけで選手たちは800km以上を走り込み、8月の月間走行距離は1100kmを超えた。単純計算で、阿蘇では毎日フルマラソンに近い距離を走ったことになる。その後もチームは順調で、箱根の予選会を6位で突破した。上位通過した大学とのタイム差は少なく、箱根駅伝ではポイントとなる区間の選手も育っている。

「近年の箱根はスピード化が顕著ですから、前半遅れないような布陣を組みながら、後半も持ちこたえられるような戦略を考えたいと思います」と岡田監督。亜細亜大で箱根を制したときには、往路と復路に戦力差をあまりつけないオーダーを組んでいたが、今回は往路重視の戦略にシフトする予定だ。

「オーダーは思案中」とのことだが、1区はエースの金森寛人、2区はエチオピアからの留学生であるワークナー・デレセ、3区は前回経験者の東島章吾というオーダーが有力。キャプテンを務める金森も高校時代は全国的に無名の選手で、特に駅伝では悔しい思いをしたという。

「高校1年生のときは同タイム(着差あり)で北信越大会を逃して、2年生のときは6秒差で都大路に届かなかったんです。高校駅伝は7区間なので、ひとり1秒差もない。そういう経験をした後、岡田監督にお会いして、『箱根駅伝をやるチーム』という言葉に惹かれました。大学では、『箱根で勝負したい』という気持ちでやってきたんです。チームの目標は総合6位。過去最高順位の7位より上を目指しています。序盤はチームの流れを左右する大切な区間なので、チームが勢いに乗れるような走りをしたいです!」

 金森は2月の別府大分マラソンへの出場を予定しており、11月の富津合宿では40km走も経験。最後の箱根駅伝では、過去最高の走りを見せてくれるだろう。1年生のデレセは、6月の全日本大学駅伝関東学連選考会で失速した後、岡田監督からカミナリを受けて"変身"した。夏合宿では精力的に走り込み、「競技への取り組みが変わりましたね。長い距離に対する意識もそうですし、体も変わってきましたよ」と岡田監督が評価するほど。箱根予選会で個人総合2位(59分10秒)に食い込んでおり、箱根でも快走が期待できそうだ。

 今年の拓殖大は過去にないほど1年生のレベルが高いのも特筆すべきことだろう。箱根予選会では馬場祐輔と戸部凌佑が60分台をマーク。馬場は1万m記録挑戦会でも29分06秒71をマークしており、亜細亜大時代を含めて、岡田監督が指導した日本人1年生のなかで最高タイムを叩き出している。

「過去に箱根で1年生を2名以上起用したことはありませんが、今回はデレセを含めて1年生の有力候補が3人もいるんです。しかも、上りの得意なルーキーがいますから、楽しみですよ。5区に起用すれば、前回の選手(区間8位)より走ると思うけど、あまりプレッシャーをかけないようにしないとね(笑)」

 地道に力をつけてきた上級生と過去最高レベルの1年生。今年の拓殖大はエキサイティングなチームに仕上がりつつある。

「上位5校が手堅く走ってもらうと、前に行くのは難しい。でも、その次のグループのなかで最高位をとれればいいかな」

 岡田監督の言葉にも、"大物食い"の予感が漂っている。

【profile】
岡田正裕(おかだ・まさひろ)
1945年7月27日生まれ
鎮西高校(熊本)−亜細亜大。亜大時代は箱根駅伝に出場。実業団を経て、1986年にニコニコドーの監督となり、ソウル五輪女子1万m代表の松野明美らを育てる。1999年より亜細亜大の監督に就任。2006年にはダークホース的存在ながら、強豪校を抜き去って初の総合優勝を果たした。2010年に拓殖大の監督となり現在に至る。

酒井政人●文 text by Sakai Masato