(写真左から)iQOSストア原宿、iQOSの新色「ボルドーレッド」(数量限定)

写真拡大

フィリップ モリス ジャパン(PMJ)は、加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」の新色「ボルドーレッド」を2015年12月20日に発売した。人目を惹くヴィヴィッドなレッドは数量限定。他人と差をつけたい、派手な色が好き――。そんな人が欲しくなるボディに仕上がっている。

iQOSホルダー、iQOSポケットチャージャー、専用ACアダプター、専用USBケーブル、クリーナーブラシが1つになったセットキットは1万2980円(税込)。残念なことに、一般のたばこ店やコンビニエンスストアでは売っていない。全国5か所のiQOSストアでのみ取り扱っている。東京は「iQOSストア原宿」(東京都渋谷区神宮前)が唯一の店舗だ。

iQOSを無料で試せるフロアも

iQOSストアは旗艦店として様々なサービスを登録会員向けに提供している。原宿の店舗は5階建てで、1階〜4階がiQOSストアだ。決して大きくないものの、外観は人目を惹く。建物のコンセプトについて、女性スタッフは次のように説明した。

「クリーンな印象の白とiQOSのイメージカラーであるブルーを組み合わせています。さらにグリーンを配色することで、今までの紙巻たばことの喫煙所とは異なる空間になっています」
「今の日本でタバコの吸える場所は、どうしても閉鎖的な空間が多い傾向にあります。iQOSは『火を使わず、煙を出さず、灰が生じず、臭いが少なく、室内環境の空気を汚さない』という特徴を備えています。紙巻きたばこよりも気持ちのいい空間で吸える、画期的な商品――そんなメッセージを込めたところ、このようなデザインとなりました」

1階の「Main entrance(メイン エントランス)」はiQOSの展示スペースとなっている。向かって左の壁には商品棚、右の壁には製品の情報が入手できるマルチタッチパネルが設置されている。ラウンドサイドテーブル上に置かれているのは、バーチャルリアリティ(VR)を体感できるヘッドマウントディスプレイだ。頭部に装着すると360度の3Dコンテンツが目の前に出現する。映像を楽しみながら商品説明が受けられる。

2階の「Experience lounge(エクスペリエンス ラウンジ)」は1階と同じ機能のフロアだ。違いはソファやテーブル、チェアが多く配置され、iQOSの無料体験ができること。じっくり話を聞き、実際に吸ってみて、納得したうえで商品の購入を決めたい人向け。

ちなみにiQOSストアでキットを購入すると、メタリック塗装のハードケースがタダでもらえる。色はパープルとゴールドの2種類。数に限りがあるので在庫が無くなり次第終了となる。別の場所でiQOSを買ってしまったという人は、こちらで1カートン(10パック)購入するともらえる。

iQOSユーザーはドリンクとフードが無料

3階「Service lounge(サービス ラウンジ)」はメンテナンスや問い合わせに対応したフロアだ。来店者は掃除などのサービスが受けられるほか、不具合が生じたときの相談窓口ともなっている。チャージャーの蓋(ふた)の具合が悪くなったり、加熱ブレードの接触が悪くなったり、長押ししてもライトが付かなかったりしたときは、回数制限はあるものの、状態を判断した上で交換に応じてくれる。

原宿店の一番の目玉は4階の「Premier lounge(プレミア ラウンジ)」だ。iQOSユーザーで会員登録をした人のみ利用できるフードコーナーがある。ドリンクが2杯、フードが2品まで無料、18時以降はアルコールの用意もある。無料Wi-Fiはつなぎ放題で、書棚に置いてある雑誌は読み放題だ。窓の向こうには国立代々木競技場・第一体育館が目の前に見え、なんとも贅沢な空間となっている。

神宮橋交差点に面した好ロケーションで、JR原宿駅表参道口または東京メトロ明治神宮前駅3番出入口からすぐ。店舗の目の前は無料喫煙所がある。原宿で一服吸うためにこの場所をよく利用するという喫煙者で、「iQOSがどんな商品かよく知らないけど、興味がある」という人は、一度ストアを尋ねてみてはいかがだろう。

営業時間は土・日・祝とも11時から21時まで。ただし12月31日は11時から18時までの短縮営業。1月1日は休業し、1月2日から通常通り営業を行う。