水球男子日本代表"ポセイドンジャパン"が1984年ロサンゼルスオリンピック以来となる、32年ぶりの五輪出場を決めた。するとこの快挙にたくさんの祝福の声が上がる一方で、意外な人物が水球経験者であることにも注目が集まった。

 その人物は、サッカー日本代表の本田圭佑のものまねネタでブレイクし、R−1グランプリ2015で見事優勝を飾った、じゅんいちダビッドソン氏だ。本田の印象からサッカー経験者に思われがちだが、意外にも高校、大学では水球に打ち込んでいたという。もちろん、今回のポセイドンジャパンの活躍には感動したといい、その思いを自身のブログにも綴っていた。そこで、芸能界では数少ない元水球選手として、現役時代を振り返りつつ、じゅんいち氏に水球の魅力を語ってもらった。

―― さっそくですが、リオ五輪出場を決めたポセイドンジャパンにひとことお願いします。

「まずは本当におめでとうございます!リオでの本戦もがんばってほしいですね!これをきっかけにして、水球というスポーツの魅力を世間に広めてほしいです!数年前にワールドリーグ予選が東京体育館で行なわれたときに観戦に行きましたが、その時は(今回の)逆のスコアくらいで中国に敗れていたような記憶があります。その差を埋めるどころか追い越したんですから、すばらしいのひとことです!」

―― 今回のリオ出場が決まるまで、決してメジャーとは言えなかった水球をじゅんいちさんが始めたきっかけは?

「実は、高校に進学して、水泳でもやろうかな?と思って入部したところが水球部でした。しかも一度入ると辞められないという伝統のある厳しい部でしたので、そのまま続けることになりました」

―― 当時、最も印象に残っているエピソード、一番苦しかった練習は?

「うちの高校は屋外にプールがあったんですが、真冬でもウェットスーツを着て外で練習させられていました。一度、パスの練習をしている相手の頭に雪が積もっていたことがあります(笑)」

―― そんな厳しい水球競技の経験は、今の芸に生かされているのでしょうか?

「あまり世に出てないですが......単独ライブなどで、水球の格好をして水球漫談というのをやっています(笑)」

―― ちなみに、「水球あるある」を3つ挙げるとしたらどんなことでしょう?

「 "他のボールスポーツをやった時に片手でキャッチしたがる" "合宿で夜中に目が覚めると何人かシュートフェイクの動きをしている" "全国的に掛け声が変"の3つですかね」

―― じゅんいちさんは、リオ五輪の期間はもちろん現地に応援に行きますよね?

「もちろん!応援隊長として行きたいですね!ついでにサッカーのオーバーエイジ枠で出てやろうかと思ってますね(笑)」

―― サッカーはまだまだアジア予選が......。ところで、ふだん水球を見る機会はなかなかありませんが、観戦で楽しむポイントは?

「水球の試合はやたらと笛が鳴るので、フリースローのファールがなぜ取られているかだけでも、理解すればだいぶ楽しめると思います」

―― 最後になりますが、ポセイドンジャパンの「のびしろ」はどのあたりにあるでしょうか?

「僕自身、プレーからだいぶ離れているので難しいですが、新しい戦術で五輪出場が決まったとニュースで読みました。大切なのは、そのクオリティーをさらに上げることかと思います。日本人ならではの頭脳的な戦略で、フィジカルでは負けるチームにも勝ってほしいですね。失うものはないですから全力でいけばいい!そういう意味ではのびしろだらけですねー!」