ストレスを感じやすい「ストレス脳」の人が急増中。心身のしつこい不調を訴える人も多く、進行するとパニック障害などを引き起こすこともあるという「ストレス脳」について調べてみました。あなたは大丈夫でしょうか?

脳がオーバーヒートしている!

ストレス脳とは脳の使い過ぎなどが原因でストレスに過敏に反応し、オーバーヒート気味の脳のことなんだそう。さまざまな症状に気づかず放っておくと、パニック障害などの精神疾患に陥る場合もあり、とっても危険。ストレスを加えた際の脳の血流の変化を診ることでストレス脳の診断は可能です。怒りや不安といったネガティブな感情に関係しているといわれる前頭前野右側が強く活動する人はストレス脳、ポジティブな感情に関係している前頭前野左側が強く活動する人はリラックス脳と呼び、ストレス脳の人は些細なことでもストレスと感じて過敏に反応してしまい、心身の不調に陥りやすいといいます。

チェック! あなたはストレス脳になっていない?

まず、ストレス脳に出やすい症状を挙げておきます。さっそく自分の脳の状態をチェックしていきましょう。

□吹き出物が出やすい
□身体がずっとだるい
□頭痛が頻繁に起きる
□肩や首のコリが取れない
□よく眠れない
□便秘や下痢をしやすい

このうち2つ以上該当するとストレス脳の可能性があるそうです。さらにストレス脳になりやすい性格というのもあるようですから、そちらもチェックしてみましょう。

□ネガティブ思考
□神経質
□パニックになりやすい
□完璧主義

以上の傾向が強いほどストレス脳になる可能性が高いといえるそうです。

脱! ストレス脳のためにできること

ストレス脳の人でも、リラックス脳に改善できる方法があります。それは「好きな香りを嗅ぐこと」。匂いを感じる嗅覚は脳にダイレクトに刺激が届くため、最も早く快・不快が判断される感覚だということが近年の研究でわかっています。そこで、快適で心地よいと感じる香りを嗅ぐことでストレス脳を改善するのです。実際にストレス脳の人に好きな香りを1ヵ月間嗅がせたところ、リラックス脳に変化したことが判明しています。早い人は2週間程度で効果が出ることも。アロマテラピーの効果はあなどれません。

自分でストレス脳かもしれないと思った人は、これを機にアロマテラピーを始めてみるのも良いかもしれませんよ。


writer:しゃけごはん