今シーズンのフィギュアスケートも、いよいよ佳境にさしかかってきた。12月24日からは、注目の第84回全日本フィギュアスケート選手権大会が北海道札幌市で開催される。そこで、2013年のこの大会の優勝者で、昨年現役を引退した鈴木明子さんに、今年の大会の見どころについて解説してもらった。

■4回転とトリプルアクセルを習得した宇野昌磨に怖いものなし

―― 昨シーズン、男子選手で成長が著しかったのが宇野昌磨選手(1997年生まれの17歳)です。2014年12月の全日本選手権で羽生選手に次いで2位。今シーズンは、先日のグランプリファイナルで表彰台に上がりました(3位)。

鈴木:宇野選手はもともと表現力があって、滑りのいいスケーターでした。それが、昨シーズン、4回転とトリプルアクセルを習得してから怖いものがなくなりました。彼は、宮原知子選手と同じ「練習の鬼」。4回転とトリプルアクセルをマスターするまでは時間がかかったのですが、モノにしてからの安定感は抜群です。やはり、練習はウソをつきません。

 私は宇野選手が8歳か9歳くらいのころ、泣きながら練習していたのを覚えています。涙を流しても練習をやめない姿を見て「この子は絶対に強くなる」と思ったものです。かなり身体ができあがってきたので、今シーズンはさらに伸びるでしょう。

―― 宇野選手に続く若手といえば、どんな選手の顔が浮かびますか。

鈴木:昨年の全日本選手権で、シニア選手を抑えて6位入賞を果たした山本草太選手(2000年1月生まれの15歳)です。先日のジュニアグランプリファイナルで3位に入りました。

 私の恩師でもあるコーチの長久保裕先生いわく「ひょろっとして弱々しいけど、ジャンプは跳べる。羽生選手とだぶる」ということです。身長165センチ、体重48キロの身体はこれからたくましくなっていくでしょう。山本選手は4回転とトリプルアクセルを完成させつつあります。

 ジャンプが得意なのですが、彼の特長はスケートが伸びること。スーッと力が入っていないのにスピードがあります。自動車でいえば、『プリウス』のような感じです。「オリンピックに出たい」と堂々と言い切る山本選手に大ブレイクの予感がします。

羽生結弦を超えられるのは羽生本人だけ

―― 今シーズン、世界中を驚かせているのが、羽生結弦選手の演技です。11月のグランプリシリーズNHK杯で史上初の300点突破を果たし、続くグランプリファイナルではその最高点をさらに上回る330点をマークしました。

鈴木:グランプリファイナル3連覇を果たした羽生選手は、ほかの選手より数段高い場所にいるような気がします。プログラムの基礎点が高いので、よほどのミスをしないかぎり下位に沈むことは考えられません。世界中を見渡しても、彼と同じレベルで戦える人はほとんどいません。彼ほど難易度の高いジャンプを安定して跳べる選手はほかに見当たりません。

―― まさに「絶対王者」と呼ぶにふさわしい強さを見せていますね。

鈴木:もちろん、並外れた努力の賜物ですが、失敗を恐れない姿勢が今の羽生選手をつくりあげたのだと思います。意外と転倒することの多い選手で、アイスショーでも果敢に難しい技に挑んでいきます。普通の人間なら無難にまとめるところでも、彼は躊躇(ちゅうちょ)なく攻めます。失敗を恐れない人間はやっぱり強い。

 羽生選手が記録した最高得点を狙えるのは、羽生選手だけ。ジャンプも、演技構成もすばらしい。今は、課題を見つけるのが楽しくて仕方がないといった感じですね。

―― 羽生選手の進化を間近で見られることは、ファンにとっては本当に幸せですね。

鈴木:はい。競技を見ている人のレベルまで上げるところが羽生選手のすごい点。自分のレベルを高めつつ、観客のレベルを上げる。こんなことができるのは、世界でも羽生選手だけでしょう。羽生選手はタイトルをすべて獲得しても、攻め続ける気でいます。何かを守る気などさらさらないのではないでしょうか。オリンピックでチャンピオンになり、世界選手権もグランプリファイナルも制したのに、「まだまだ」と思えるのは羽生選手だけかもしれません。

 自分で自分に期待しているから、言葉にパワーがあります。メンタルの強さが、アスリートとしては図抜けています。異次元の強さです。そんな羽生選手の演技を見ることができるのは、本当に幸せだと思います。世界チャンピオンがさらに進化するところは、彼以外にはこれから見ることができないかもしれません。

 あえて課題を挙げるとしたら、ケガです。昨シーズンもいろいろなアクシデントに苦しみましたが、これだけはいくら気をつけていても避けられないことがあります。それに、難度の高い技に挑み続けていると、故障に見舞われる可能性が出てきます。逆にいえば、故障やケガさえなければ、羽生選手はさらに突き進んでいくはずです。

鈴木明子(すずき あきこ)プロフィール
1985年、愛知県豊橋市生まれ。6歳からスケートを始め、15歳で全日本選手権4位に入賞し注目を集める。10代後半に体調を崩し大会に出られない時期もあったが、2004年に復帰。10年バンクーバーオリンピック代表の座を獲得し、8位に入賞した。12年世界選手権銅メダル。13年の全日本選手権では、会心の演技で13回目の出場にして初優勝。14年ソチオリンピックでは、同大会から正式種目となった団体戦に日本のキャプテンとして出場し5位入賞、個人戦では8位入賞を果たす。14年の世界選手権出場を最後に、競技生活からの現役引退を発表した。引退後はプロフィギュアスケーター、振付師、解説者として活動の幅をさらに広げている。2015年12月、選手たちの心理戦から演技の舞台裏を描いた『プロのフィギュア観戦術』(PHP新書)を上梓した。

元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro