画像

写真拡大 (全3枚)

 DAC提供の媒体社向け統合プラットフォーム「FlexOne HARRIER」が、アドサーバーの処理の前に複数のRTB取引を行う「ヘッダー・ビディング」に正式対応する。これにより、透明性の高いRTB取引と媒体社の広告収益の最大化をサポートする。

 DACは、同社提供の媒体社向け統合プラットフォーム「FlexOne HARRIER」が、アドサーバーの処理の前に複数のRTB取引を行う「ヘッダー・ビディング(Header Bidding)」に正式対応することを発表した。
ヘッダー・ビディング

 DACのコンサルティングチームは、ホリスティック・イールド(※)の選択肢にヘッダー・ビディングを加えた提案を行う。これにより、媒体社にとって透明性の高いRTB取引を実現させ、さらに、広告単価の決定権を持つことで、広告収益の最大化をサポートする。

 欧米のデジタル広告マーケットでは、グローバル・プラットフォーマーが広告価格の決定を主導する傾向にある。この状況を危惧する媒体社のなかには、ヘッダー・ビディングなどの、取引の透明性が高く、収益性の高いソリューションを用いることで、プラットフォーマーに傾いている価格決定権に公平性を取り戻そうとする動き見られる。日本でも、適正な広告単価および透明性の高い広告取引の推進が媒体社の課題となっている。

 今回の発表は課題解決取り組みの一環。今後同社は、加えて、「FlexOne HARRIER」と、グローバルRTB接続サービス「BidSwitch」を連携させ、透明性と収益性を保ちながら、ヘッダー・ビディングで増加が想定される運用負荷の大幅軽減を目指す。

※ホリスティック・イールド(Holistic Yield):純広告とRTBを含めた全ての在庫の収益を総体的(ホリスティック)に最適化することで、純広告に必要な在庫は確保しつつ、全体在庫に対する収益を最大化する仕組み。

MarkeZine編集部[著]