ファミ通が2015年年間の人気ゲームアプリランキングを発表。第1位は「パズル&ドラゴンズ」

写真拡大

「ファミ通」は、2015年年間の人気ゲームアプリランキングを発表した。

各ゲームアプリのプレイ人数とプレイ時間を年間で集計、累計プレイポイントとして数値化。2015年年間において最も多くの人が遊び、プレイされた時間が長いゲームアプリをランキングとして算出した。

順位:アプリタイトル/累計プレイポイント
1位:パズル&ドラゴンズ/695,180
2位:LINE:ディズニー ツムツム/662,418
3位:モンスターストライク/330,249
4位:ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル/233,520
5位:ぷよぷよ!!クエスト/187,857
6位:LINE ポコポコ/177,241
7位:クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ/161,053
8位:キャンディークラッシュ/158,473
9位:ヘイ・デイ (Hay Day)/145,363
10位:FINAL FANTASY Record Keeper(ファイナルファンタジー レコードキーパー)/133,443
(調査期間:2014年12月29日〜2015年11月29日/出典:ファミ通 Powered by eb-i)

●2015年、ユーザーに愛された人気ゲームアプリ第1位は、「パズル&ドラゴンズ」!
2015年の人気ゲームアプリ第1位は、「パズル&ドラゴンズ」となった。2012年から配信している「パズル&ドラゴンズ」だが、3年たった現在も多くのユーザーに愛されていることが分かる。

2位には、LINEプラットフォーム向けに展開し、幅広いユーザー層を獲得している「LINE:ディズニー ツムツム」がランクイン。2013年リリースの「モンスターストライク」は3位にランクイン。4位の「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」は、熱狂的なユーザー層を獲得し、アイドル系IPの中で唯一のランクインとなった。

■エンターブレインオフィシャルサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・今年のクリぼっち率は「恋人と一緒に過ごす」抑え21.7%。コミックシーモア調べ
・忘年会シーズン真っ只中!〜 「若者のアルコール離れ」って本当?マクロミル調べ
・ハイレゾ&メガスターのコラボイベント、「サウンドプラネタリウム」を見てきました
・「メタルギアソリッド」の小島秀夫氏が独立。SCEと契約して新作を制作
・「大人なガリガリ君シリーズ」第2弾、白桃味が登場!国産果汁33%使用