写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オフィス北野、 テレビ朝日、 朝日放送、 ViViAテレビ朝日映像は、タレント・ビートたけしのアート作品を展示する「アートたけし展」を開催する。会期は2016年2月25日〜3月7日。開場時間は10:00〜20:00(入場は30分前まで。 最終日は17:00閉場)。会場は東京都・松屋銀座 8階イベントスクエア。入場料は大人1000円、高校・大学生700円、中学生500円、小学生300円(大人〜中学生は前売り料金あり/2月24日まで発売予定。

同展は、タレント「ビートたけし」、映画監督「北野武」とも異なる、"絵描き"としての一面を「アートたけし」と名付け、披露するもの。2010年にカルティエ現代美術財団(フランス・パリ)、2012年に東京オペラシティ アートギャラリー(東京・初台)で「絵描き小僧」展を開催して以来のアート展となり、ビートたけし自身が発案したことで開催が決定したものであるということだ。

展示内容は、版画、絵画、立体などで、その大半が初公開となる約100点の作品を公開予定。同展の後援を美術出版社が務め、広報事業全般の支援を行うとのことだ。なお、松屋銀座での開催後も全国を巡回予定。発表されているところでは、2016年3月中旬:阪急うめだ本店、2016年4月29日〜6月5日:みやざきアートセンター、2016年夏:金沢21世紀美術館 市民ギャラリー、2016年9月2日〜10月10日:福岡アジア美術館、2017年春:長崎県美術館、2017年秋:名古屋となっており、このほかにも全国で開催を検討している。