見た目インパクト絶大な「なんちゃってギャートルズ肉」

写真拡大

 メリクリ! クリスマスイブ当日にして独り身男子の話題が尽きないみたいだけど、皆様はどうお過ごしかしら? ま、キリストの生誕を祝うのにデートだなんだと言ってるのは日本だけみたいだから気にしなくていいと思うわよ。

【関連:面倒な温泉玉子がレンチン45秒でつくれるってよ!】

カリカリ部分が香ばしいなんちゃってギャートルズ肉

カリカリ部分が香ばしいなんちゃってギャートルズ肉

 というわけで今回はクリスマスだし肉食べたいけど、お金も時間もかけたくなーーーい!という人向けに、『はじめ人間ギャートルズ』に出てくるようなマンガ肉を『食戟のソーマ』に出てくる「なんちゃってローストポーク」のレシピからヒントを得てつくってみたわよ!

■材料

なんちゃってギャートルズ肉の材料

なんちゃってギャートルズ肉の材料

<本体>

じゃがいも……3個
ベーコン……長いものを5〜6枚
手羽元……2本
チーズ……アーモンド入りのもの2つ
バター……30g
塩・コショウ……適量

<ソース>

ウスターソース…大さじ2
ケチャップ…大さじ1
マスタード…小さじ1
酒…小さじ1

 今回はマッシュポテトの中にチーズを入れてみたけれど、人によってお好みでいろんなものを入れてみてちょうだいね。バジルなどのハーブ、たまねぎ、きのこ類、ナッツあたりは混ぜてみたら絶対美味しいわよ。

 ソースはあってもなくてもオッケー。かけたらぐっとお酒に合う味になるし、かけなくてもおかずの一品として楽しめるわよ。

■つくり方

1:手羽元に塩を振ってレンジで2分加熱する。

2:じゃがいもを茹でたら潰してバターと塩コショウとチーズを混ぜ入れてマッシュポテトをつくる。

マッシュポテトを作る

マッシュポテトを作る

3:まな板の上にラップを敷きベーコンを並べる。(ラップはベーコンのくっつきを防ぐためです。オーブンに入れる前には外してください。)

4:2の上に手羽元をセッティング。

ベーコンを並べたら2の手羽元をセット

ベーコンを並べたら2の手羽元をセット

5:マッシュポテトを3にぎゅっぎゅとしながら乗せていく。

マッシュポテトを盛りつける

マッシュポテトを盛りつける


あとは包むだけ

あとは包むだけ

6:ソースが欲しい場合はウスターソースとケチャップとマスタードと酒を混ぜてレンジで1分半ほど加熱してね。

7:ベーコンを巻いて肉の形に形成したら余熱完了した220度のオーブンレンジで30〜40分焼いてできあがり!

■お味のほうは……

 焼いたらベーコンが縮んでマッシュポテトをぎゅっと抱きしめたせいで、形がそれっぽくなたわね。私はカリカリベーコンが好きだから今回ちょっときつめに焼いてみたけど、好みで焼き加減は調整してね!

 ちょっと横に長くはあるけど「ギャートルズ肉」がなんちゃってでも食卓にのればパーティーなんかじゃ喜ばれそうよね。

パーティーメニューのちょっと1品にはちょうど良い

パーティーメニューのちょっと1品にはちょうど良い

 お味の方はというと、しっとりしたマッシュポテトの中にチーズを混ぜたことでほど良いコクが出て、カリカリのベーコンの旨味と絶妙にとろけ合っちゃった。そしてソースをかけたら、酒が進みすぎて困るわね。赤のミディアムなんかぴったりじゃないかしら。ロゼのスパークリングもばっちり合うわね。

 お料理としての難易度は正直全然高くないので、不器用だろうが料理初心者だろうが絶対につくれるわ。オーブンレンジさえちゃんと使えれば問題なしよ!

子供と一緒に工作気分で作っても楽しそう

子供と一緒に工作気分で作っても楽しそう

(文:貴崎ダリア)