画像は『ポプテピピック』「ポプテピ劇場版」より

写真拡大

破天荒すぎるWeb漫画『ポプテピピック』の単行本化記念に期間限定公開された新エピソード「ポプテピ劇場版」が、12月24日(木)12時から24時までの12時間限定で、再び公開された。

【暴走漫画『ポプテピピック』アクセス殺到した新エピソードを再公開の画像・動画をすべて見る】

12月7日の21時から24時まで3時間限定で公開されるも、アクセスが殺到してまともに閲覧できなかったため、連載していたWebコミックサイト「まんがライフWIN」が「ポプテピ人気なめていました」とお詫び。今回の再公開に踏み切った。

最終回で出版社のビルを破壊した怪作『ポプテピピック』


51W+MSBoXkL

『ポプテピピック』単行本


『ポプテピピック』は、「まんがライフWIN」で連載され、キュートな絵柄とは裏腹に、何でもありの超カオスな漫画として、インターネットを中心に人気を集めている4コマ漫画。

作者の大川ぶくぶさんは、「ほあようごぁいまーしゅ!」という漫画の1コマがインターネットで話題を呼んだサークル・フミンバインの主宰でもある。

女子2人が時事ネタなどを取り入れながらギャグを展開していくのだが、その内容がカオスすぎて熱狂的なファンをじわじわ増やすも、とうとう11月には打ち切り。漫画の中で出版社である竹書房のビルを殴ってぶち壊すという鮮烈な最終回を飾った。




新エピソード再公開、単行本重版、LINEスタンプ第2弾…打ち切り漫画とは?


「地べたを這いドロ水すすってでもまんがライフWINにもどってきてやる」という宣言通り、12月7日の単行本化記念で新エピソードが公開されるも、アクセスし辛い状況に陥り閲覧できなかったため、今回、再公開という異例の対応がとられた。

一時は単行本が全国的に完売状態となっていたほどで、早くも重版となったことも発表されている。

「さてはアンチだなオメー」など、本編で掲載された印象的なコマから厳選されたLINEスタンプも発売され反響も大きく、早くも第2弾を制作中とのこと。