グアルディオラ、シティの監督就任で合意済みか

写真拡大

▽バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督(44)は、来季からマンチェスター・シティで指揮を執ることになるようだ。ドイツ『キッカー』が“信頼できる英国の情報をもとに”報じている。

▽今月20日、バイエルンから今季終了後の退任が発表されたグアルディオラ監督。今後の去就に関しては現時点で明らかにされていないものの、グアルディオラ監督自身がプレミアリーグでの指揮に関心を示しているとみられていることから、新天地の候補にチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドの名前が浮上している。

▽しかし、『キッカー』によれば、グアルディオラ監督はすでに来季からシティの監督に就任することで合意済みとのこと。バルセロナ時代を共に過ごした仲であり、シティで最高経営者(CEO)を務めるフェラン・ソリアーノ氏と、スポーツディレクターを務めるチキ・ベギリスタイン氏の存在が、グアルディオラ監督の決断を後押ししたものとみられている。