16日、漫画家・牛乳のみお氏が自身のTwitter上で、卒業した学校の掌返しへの不満を明らかにした。

牛乳のみお氏は卒業する際、進路調査票に「漫画家」と書き、再提出をさせられたとか。そんな学校から、「卒業生の漫画家」として名前を掲載していいかとの連絡があったという。 牛乳のみお氏は、学生時代に学校から言われたのと同じ言葉、「ふざけないでください」と返答したということだった。

このツイートは、24日11時の時点で2万4000件以上のリツイートと、1万6000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

またその後、牛乳のみお氏は名簿への掲載条件も示している。 果たして、学校側は「女子小学生はじめました P!」などの作品を発表している牛乳のみお氏を「おばんつ漫画家」として掲載するのだろうか。
【関連記事】
「埼玉をディスる漫画」中断の理由を作者の魔夜峰央氏が明かす
アニメ版「うしおととら」への批判を受け原作者の藤田和日郎氏がスタッフを擁護
乙武洋匡氏が水木しげるさんの訃報で自虐発言「『何の妖怪?』と言われた」