寒さの厳しいこの季節。こたつに入ると出たくなくなって、何もかもこたつに入りながら済ませてしまうというずぼらな人も少なからずいるはず! でもこたつで寝た後ってなんとなく体がだるいと感じませんか?場合によってはそのまま風邪をひくこともあるので実は注意が必要なんです。

安眠のためには深部体温を下げる必要がある

体には皮膚表面の体温と体の内部の「深部体温」があります。深部体温は日中活動しているときには高くなっていますが、夜は低くなることで眠くなります。そして再び朝になると深部体温が上がって目が覚めるという体のリズムがあるのです。深部体温が高いままだとぐっすり眠れなかったり、レム睡眠の時間が少なくなり夜中に目が覚めたりします。体の表面の温度を上げて体の熱を放出することで深部体温は下がります。そのために、眠る前にぬるめのお湯につかったり、軽いエクササイズをして血流をよくしたりして、一時的に外側の体温を上げることで、逆に深部体温が下がりよく眠れるのです。

こたつで寝るとだるいのはなぜ?

布団で眠った場合には、自然な体のリズムによっても体から熱が放出されて体温は下がります。放出された熱は布団にこもるので、眠っている間も寒くありません。ところがこたつの中に入りっぱなしでいると体は温め続けられるので、深部体温は下がりにくくなります。深部体温が下がらないと安眠できない状態になり体は逆に疲れます。こたつで体の表面が温まって気持ちよくなって眠っても、起きるときにだるさを感じるのはこのためです。

こたつで寝ると風邪を引く理由

こたつで眠ってしまうと布団で寝る時に比べ、下半身が体温より高い熱で温められ続けるため、大量に汗をかきます。一方上半身はこたつから出ているので冷えていて、その温度差で風邪を引いてしまうのです。また下半身だけ大量の汗をかくことによっても体内の水分は奪われます。しかし上半身は乾燥した室内にさらされているため粘膜が乾燥し、風邪やインフルエンザにかかりやすくなるのです。

こたつで寝ても風邪を予防する方法

どうしてもこたつで寝たい場合は上半身に毛布をかけ、スイッチを切って寝るかタイマーをセットしておきましょう。さらにマスクを着用して寝ると粘膜の保湿になり、のどの乾燥が防げますから、風邪をひきにくくなります。


writer:松尾真佐代