「2015年良くも悪くも話題だった人ランキング」 五輪エンブレム、結婚、ラグビー…今年の顔は?
 2015年も残りわずか。あっという間に1年が終わろうとしていますが、今年もさまざまなことが起こりましたよね。

 そこでアラサー女性300人に「良くも悪くも話題だった人」を調査。例によって、女子SPA!編集部が候補者を挙げたなかから選んでもらった、ランキングの結果はいかに。

◆4〜10位

=====
2015年、良くも悪くも話題だった人ランキング
(カッコ内は主な話題)

10位 山本耕史(堀北真希と結婚) 17.3%
8位 羽田圭介(ピース又吉と同時に芥川賞受賞) 18.3%
8位 三船美佳&高橋ジョージ(モラハラ離婚裁判) 18.3%
7位 喜多嶋舞(長男のDNA鑑定騒動) 20.0%
6位 8.6秒バズーカ(ラッスンゴレライ) 24.0%
5位 佐野研二郎(東京五輪エンブレム盗用問題) 26.7%
4位 とにかく明るい安村(安心してください、はいてますよ) 30.7%

=====

 8位若手作家の羽田圭介は、高校在学中に文壇デビューしたほどの実力の持ち主。「すべて金のため」とぶっちゃけまくるキャラがウケ、下半期は100本近くの番組に出演しました。

 6位の8.6秒バズーカは2014年末、まさにすい星のごとく現れ、そして一瞬で消えるという離れ業を成し遂げました。消えるスピードは史上最速との声も。

◆3位 福山雅治 34.7%

 9月28日に女優の吹石一恵と結婚。稀代のモテ男が世間に与えた衝撃はすさまじく、結婚発表翌日、所属事務「アミューズ」の株価は大幅下落。40億近い損失が出たと報じられました。

◆2位 又吉直樹 49.7%

 7月に「第153回芥川賞」を受賞し、その後の“先生”のご活躍はいわずもがな。受賞作『火花』が異例の200万部突破ということで、「印税いくら?」というネタでいじられるのがお約束に。

◆1位 五郎丸歩 64.7%

 10月に行われた「ラグビーW杯2015」から2か月、今年の流行語大賞で「五郎丸ポーズ」がトップ10入りするなど、いま最も旬な男に。スピードワゴン・井戸田をはじめ、五郎丸人気に日本中が便乗しまくっています。

 後編『熊切あさ美は破局ネタで大忙し、新おバカ女王の台頭【2015年話題の人ランキング】』では、崖っぷちアイドルからメイクが話題になったあの議員、さらには新おバカの女王まで、バラエティ豊かな面々の順位を発表します。

<TEXT/女子SPA!編集部>
【調査概要】
『2015年良くも悪くも話題だった人ランキング』
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(27〜33歳女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年12月10日〜12月14日
有効回答者数:女性300名