ジョニー・デップ“ギャラをもらいすぎている”ハリウッド俳優1位に。

写真拡大

ジョニー・デップが、“ギャラをもらいすぎている”ハリウッド俳優の1位に選ばれてしまった。

フォーブス誌の発表によると、ジョニーは年間推定3,000万ドル(約36億円)の出演料を得たものの、1ドル(約121円)の支払いに対して1ドル20セント(約145円)の売上しか貢献していないというのだ。

その要因は「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」「トランセンデンス」「ローン・レンジャー」などの興行成績が不調だったことにあるという。

とはいうものの、実在したボストンのギャングスターであるホワイティ・バルジャーを「ブラック・スキャンダル」の中で見事に演じきったジョニーは、来年度のアカデミー賞ノミネートを期待されるなど、新たなキャリアを築き上げているところだ。

ちなみに同誌が発表したこのランキングの2位にはデンゼル・ワシントンが選ばれ、1ドルの支払いに対して6ドル50セント(約786円)の利益と予測されており、3位にはウィル・フェレル、4位にはリーアム・ニーソン、5位にはウィル・スミスが続いている。

この統計は俳優たちが2015年6月までに出演した過去3作品に焦点を当て導きだされた結果となっている。