「死んだ人を生き返らせる」技術が30年以内に開発されるらしい?【動画】

写真拡大

「死んだ人を生き返らせる技術」を今後30年以内に開発するべく立ち上げられたプロジェクトが話題になっている。


オーストラリアの新会社<Humai>はAI(人工知能)を使用して、死んだ人を生き返らせる技術を開発することを目指している。しかも、それは約30年以内に可能になると信じているそうだ。

公式サイトによると、この技術は「個人の会話スタイル、行動パターン、思考プロセス、身体を機能させる情報といったデータを蓄積した上で、将来的にAI(人工知能)とナノテクノロジーを使用する」ことで可能になるという。個人の生前に数年かけて膨大なデータ収集を実施し、その個人が亡くなったときに脳を冷凍保存しておく。将来的に技術が十分に発達したタイミングで、その冷凍保存した脳を人工の人体に移植する...という流れのようだ。

同社のCEOジョシュ・ボカネグラ氏は、実際にこれらのデータを収集するための様々なアプリを開発中であることも明かしている。このデータは将来的に人工の人体内に内蔵されるマルチセンサーテクノロジーにコーディングされるようだ。また、冷凍保存した脳はクローン技術を使用して再生する予定だという。


まるでSFのような話だが、購入履歴を利用した顧客管理ソフトウェアの開発などで知られるビジネスコンサルタントのマイケル・メイヴェン氏は「冷凍保存した脳をどのようにして機械に繋ぐのか? ナノテクノロジーは答えにならない」と現実的な疑問を呈している。AIに関する専門家のアンドレア・リポザティ氏も、「技術的にまだ不可能なのは周知のとおり。30年以内に実現可能だと信じられる理由もない」と指摘しており、"ありえないプロジェクト"という声は少なくない。

しかし、ボカネグラCEOは「<Humai>は正当なプロジェクトです。大きな夢かもしれませんが、だからこそ私はやり甲斐を感じながら従事しています。革新者としては、大きなアイデアはモチベーションの核になります」と主張している。実際、今回メディアに注目されたことで資金などが集まり、このアイデアが実現される可能性もあるだろう。

■参照リンク
・New startup claims they could make death optional within 30 years
www.aol.com