『AKIRA』上映会では、プレミアム価値もあるというマニア垂涎のフィギュアも展示

写真拡大

四半世紀過ぎても
色褪せることない傑作を目の当たりに!

(…前編より続く)世界の名だたるクリエイターにリスペクトされる、日本が誇る大傑作『AKIRA』の上映会が、11月21日にテアトル新宿にて2回、12月5日に川口スキップシティにて、全3回行われた。これまでにも『AKIRA』上映会は幾度か行われていたが、今回は現時点で2本しかないというHDCAM Master5.1ch版で画質、音質ともに非常に高いクオリティでの上映となる。12月5日には主人公・金田役の声を務めた岩田光央氏を中心としたトークショーも開催された。

【映画作りの舞台裏】前編/日本が世界に誇る傑作『AKIRA』がスクリーンに蘇った!

11月21日に新宿テアトルでは立ち見席チケットまで完売するほど大盛況。12月5日は都心からすぐとは言い難い川口が会場だが、チケットはすでに完売し、朝早くから観客がつめかけて会場は熱気に包まれた。なかには東北や大阪、広島など、『AKIRA』をスクリーンで見ようと遠方からやってきた観客も。

共同主催である、あにこれβの大塚真理氏が「ネット上ではたくさんのユーザーの方にご利用頂いてるあにこれβですが、実際にユーザーの方とつながる機会がなかなかないこともあって今回の上映会を開く運びとなりました。いまもまだ、上映会の問い合わせがあるほどの反響があって、今日はこんなにたくさんの方々に来ていただいて嬉しいです」とコメントを述べて上映は開始された。

当時の35ミリフィルムにクリーニングを施し、ハイビジョン仕様の超高画質企画にニューテレシネ補正したという映像は驚くほどキレイ。少し都心から遠くてもココでと菅野氏がこだわったスキップシティのホールの音響は非常に良くて、5.1チャンネル立体音響が効果的に体感できる。

そしてやはり、『AKIRA』の作品自体が持つパワーが凄まじい。筆者としても原作よりも劇場版アニメのほうが好きという数少ない作品のひとつだ。それはおそらく、原作者である大友克洋監督自身が壮大なストーリーを潔く削ぎ落とし、エキスと見せ場を抽出してエンターテインメントに昇華させた賜物だからだろう。

ドラマと映像が一体となって、全編クライマックスと言えるぐらい迫力あるシーンが息つぐ暇なく見る者を圧倒する。四半世紀過ぎた現在でも文字通り色褪せない、CGに頼らずとも現在の作品と遜色ないどころか凌駕する『AKIRA』の世界を堪能する2時間弱を観客は堪能した。

上映のあとは興奮冷めやらぬまま、ご当地がーる・豊島区ぴーすUPがーる司会のもとトークショーが行われ、主人公・金田役を声優として演じた岩田光央氏が壇上に現れると、歓声と共に盛大な拍手が沸き起こった。(…後編へ続く)(文:入江奈々/ライター)

【映画作りの舞台裏】後編/日本が世界に誇る傑作『AKIRA』がスクリーンに蘇った!

【関連記事】
【映画作りの舞台裏】前編/映画化が相次ぎ脚光を浴びる作家・佐藤泰志、ブームの火付け役が語る苦難の道
【映画を聴く】ジョン・ウィリアムズの音楽がフレッシュに蘇る!『スター・ウォーズ』サントラがついにハイレゾ化
【元ネタ比較】炎上商法狙ってる? 原作を大きく外した 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』