乾燥しやすい冬はお肌だけでなく目の乾燥も気になる季節です。特に長時間パソコンを見る仕事や、スマートフォンをよく使うという方は、目がしょぼしょぼしたり、コンタクトレンズがゴロゴロするということも多いのでは? そんな時は5分でできる目のストレッチでドライアイ対策をしましょう。

ドライアイを予防する目のストレッチは「瞬き」と「血行促進」

目の乾燥を予防するには、瞬きが効果的です。集中してパソコンやスマホの画面を見ていると、時間の経過が分からなくなってしまいます。そんな時は瞬きの回数も減っているので、意識をして瞬きする必要があります。1時間に1回など、時間を決めて目のストレッチをしましょう。また、血行不良もドライアイの原因となります。目の周りの血の流れが滞ると栄養もいきわたらなくなってしまうためです。ストレッチをすることで血行が促進されれば、固まった筋肉をほぐす効果もあるので、涙腺の機能を活発にして涙の分泌を増やすことができます。

5分でできる簡単な目のストレッチのやり方

1.ゆっくりと大きく瞬きをする

ゆっくりと大きく瞬きをします。グーッと深く目をつぶったら、その状態を2〜3秒意識しましょう。ゆっくりと目を開けて、同じ動作を5回繰り返します。

2.目の周りのツボを優しくほぐす

目の周りにはツボが集まっています。凝り固まった筋肉を優しくほぐすようなイメージで、ツボを押していきます。目頭から目じりまで4箇所くらいに分けて、それぞれ2〜3秒ずつ押していきます。目の上側だけでなく、下側のツボも押していきましょう。

3.肩と首を大きく回すストレッチ

肩を大きく回します。前と後に5回位ずつ回しましょう。肩を回すストレッチには、肩から上の血流を促進する効果があります。次に首を回すストレッチをします。首を左右に大きく回しましょう。これも右と左それぞれ5回位ずつ回します。首の筋肉は意外と凝りやすいものですが、凝っていることに気づきにくい所でもあります。首を回すことによって、顔の血流を促す効果があります。

集中していると目の乾燥やコリには気づきにくいものですが、目の異常を放っておくと視力の低下を招くだけでなく、白内障や緑内障など重大な疾患につながってしまうこともあります。まずは、時間を決めて目のストレッチを行い、ドライアイを予防することを習慣にしてみて。

こまめに目のストレッチを行えば、目の疲れがだんだん緩和されてくるだけでなく、いつでも笑顔の輝くキラキラな瞳をキープできまちゃいます。


writer:岩田かほり